カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 睡眠(ねんね) >
  4. 0~3ヵ月 >
  5. 赤ちゃん用の布団は本当に必要?赤ちゃん用の重要性と、布団を選ぶときのポイント

育児

赤ちゃん用の布団は本当に必要?赤ちゃん用の重要性と、布団を選ぶときのポイント

639706c1ba6fe0bbf040609011f25f11_s.jpg

赤ちゃんにとって布団は生活環境の中心になります。そんな赤ちゃんの布団ですが、大人のものを使っても大丈夫なのでは?と思っていますか?実は赤ちゃんは専用の布団を使わなければ成長に障害が出る可能性があります。そんな赤ちゃんの布団の重要性と、選ぶポイントをご紹介します。

 

赤ちゃんの布団はとても重要!

赤ちゃんは1日の大半を布団の上で過ごします。そのためどんな布団を選ぶべきか、赤ちゃんにとってとても重要なのです。そして大切なのが、「赤ちゃんの布団は大人の布団の小さいバージョンではない」ということです。

 

-正常な発達のための布団

生まれたばかりの赤ちゃんは関節や筋肉、骨がこれから発達していきます。ですから寝ているときの姿勢がとても大切です。布団のせいで寝ているときの姿勢が不自然になってしまうと、正常な発達を妨げてしまいます。

 

-体温調節を補うための布団

小さい赤ちゃんは、代謝機能や汗腺が未発達です。基礎代謝も低いので、体温が上がりやすかったり、体温が下がりやすかったりします。そのため、布団で快適な温度に保つことがとても大切です。

 

ベビー布団の基本

では実際のベビー布団はどんなものなのでしょうか?またどんなものなら赤ちゃんに良い布団なのでしょうか。

 

-必要なものはこれ!

 

・敷布団

・掛け布団

・肌ふとん

・布団カバー

・キルティングシート(汗取り)

・シーツ

・防水シーツ(おねしょ対策)

・枕

 

布団といっても必要なものは色々様々。ざっと挙げて上記のようなものが赤ちゃんに必要なアイテムとなります。そのため、布団セットとして販売されていることが多いようです。

 

-敷布団が柔らかすぎると窒息の危険

敷布団は必ず柔らかすぎないものを選びましょう。体が沈んでしまうと、うつぶせになったときに呼吸が妨げられ、窒息してしまう可能性があります。また、体が沈みすぎる敷布団は、骨や筋肉の発達を妨げてしまうことにもなりかねません。

 

-掛け布団は軽いものを

掛け布団は重いものにしてしまうと、口や鼻がふさがれてこれも窒息の危険があります。また、寝返りをしはじめるときに掛け布団が重いと自由に寝返りができずに、赤ちゃん自身がストレスに感じてしまいます。

 

-秋~冬、寒い季節は「スリーパー」

寒い時期になるとより暖かい、ママパパの布団の方がいいのでは?と感じるかもしれません。しかし、やはり大人用の布団では、赤ちゃんの体に合いませんので、ベビー布団を使いましょう。特に寒さの厳しくなる冬は、布団だけで調節するのではなく、赤ちゃんに着せてあげるスリーパーもおススメです。

 

いざ購入!どれを選ぶ?

いざ赤ちゃん用の布団を買う!となったら次のような点も気にしてみましょう。

 

-布団セットで買う?単品で買う?

赤ちゃん用の布団は6点、8点などのセットになっていることが多いです。これに対して単品でそれぞれの布団を購入することもできます。どちらで買うかは好き好きですが、セットで買った場合「使わないものもあった」ということがあります。また、単品で買ったらそれはそれで「セットで買うよりも高くついた」ということもあります。

 

いずれにしても、購入前に本当に必要なものはどれなのかピックアップしておいた方が、損なく揃えられるでしょう。

 

-ベビーベッドで使うならサイズ確認を

布団をベビーベッドで使うこともよくあります。その場合必ずチェックしておくのがベビーベッドのサイズです。ベビーベッドの内寸が何cmかを事前に測っておかなければ、布団が入らないといった事態にもなりかねません。

 

赤ちゃん用の布団は、赤ちゃんにとって必要なアイテム

たかが布団ですが、赤ちゃんにとってはとても大切なアイテムです。赤ちゃんのために布団も清潔に保ちたいですが、赤ちゃん用の布団なら小さくて軽いので、手軽に洗えます。その点でも赤ちゃん用布団は重宝しますよ。

 

(Photo by:写真AC

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-02-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

0~3ヵ月に関する記事

あなたの赤ちゃんは何タイプ?夜泣きの種類・タイプ タイプによって異なる対処法とは?

子育ては苦労の連続と言います。様々な場面で「根気」が必要と言えるでしょう。 中...

どうしよう…赤ちゃんの夜泣きが始まった!?夜泣きを泣き止ませる8つの方法

赤ちゃんが寝てくれない、泣き止まない…ひょっとしてこれがあの“夜泣き”…? ...

睡眠(ねんね)の体験談

小さい頃からの必需品

ひめはまだ赤ちゃんの頃から寝るときはタオルが必需品☆ 無くても寝れるときは、チャイルドシートに...

最強の寝かしつけ ~おんぶ~

体重が重くなり、抱っこがしんどくなってきたので、自宅での寝かしつけにも抱っこ紐を使用していました。 ...

カラダノートひろば

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る