カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. >
  5. 赤ちゃんの指しゃぶりはいつやめさせるべき?指しゃぶりの原因&心配なこと

育児

赤ちゃんの指しゃぶりはいつやめさせるべき?指しゃぶりの原因&心配なこと

98505ca7b56d65c3519562ca1943e86e_s.jpg

赤ちゃんが指しゃぶりをしている姿は可愛らしいです。しかし、指しゃぶりを続けると、歯並びに悪影響が出るなどの怖い話も耳にします。どうして赤ちゃんは指しゃぶりをするのでしょうか?またいつまでなら赤ちゃんの指しゃぶりはしていてもOKなのでしょうか。指しゃぶりの疑問について解説していきます。

 

赤ちゃんの指しゃぶり

指しゃぶりというと、赤ちゃんらしい仕草でもあり、とても愛らしい行為ですよね。もしかしたら胎児のときから赤ちゃんの指しゃぶりを見ているママもいるかもしれません。

 

-生後2~4ヶ月頃から始まる

指しゃぶりは生まれてからは生後2~4ヶ月頃に始まることが多いです。この時には、口に触れたものに無意識に吸い付く「吸啜反射」によるものです。少し大きくなると、自分の体などを口に入れて確かめているといった行為として、指しゃぶりをします。

 

どうして指しゃぶりをする?指しゃぶりの5つの理由

そもそも指しゃぶりはどうしてするのでしょうか?その理由を見てみましょう。

 

1. そこに指があったから

先にも書きましたが赤ちゃんが小さいうちは、いろんなものを口に入れてみて確かめます。その一環で、指を口の中に入れて確認している作業が指しゃぶりです。

 

2. お腹が空いている

お腹が空いているサインとして指しゃぶりをすることがあります。しばらくするとぐずって泣き、おっぱいをねだることもあります。

 

3. 眠い

眠気を感じたとき指しゃぶりをすることがあります。安心するためだったりもしますが、沿い乳を求めているサインということもあります。

 

4. 歯の違和感

歯が生えてくる時期に、ムズムズするのでそれをごまかすために指しゃぶりをすることがあります。

 

5. 不安

特に大きくなってからの赤ちゃんの場合、安心しようとして指しゃぶりをしている可能性があります。ママパパがいなくて不安なときに、指しゃぶりを頻繁にすることがあります。

 

指しゃぶりの心配なところ

指しゃぶりをさせていいのかどうか?に関しては専門家によって意見が分かれることがあります。

 

-衛生面

赤ちゃんは何でも触るので、その指をしゃぶるのは気になりますよね。また、爪が長いと口の中を傷つけてしまうこともあります。指はできるだけこまめに清潔にしておきましょう。また、爪もこまめに短くしておいてあげましょう。

 

-出っ歯や歯並び

年齢が上がっていくと心配なのが出っ歯や歯並びの問題です。乳歯がある程度揃ってくる時期まで指しゃぶりをしていると、歯並びに悪い影響が出ることがあります。

 

-精神的な問題が原因?

4~5歳くらいまで指しゃぶりをしていると、生活環境や、親子関係などに問題がある可能性があります。

 

いつまでに辞めさせるべき?

新生児~1歳くらいまでの指しゃぶりは生理的な行動なので問題ありません。基本的に1歳を過ぎれば、いろんなことに興味が出てくるので、指しゃぶりはなくなっていきます。

 

-たこができるほど激しいのが心配…

指にたこができるほど激しく指しゃぶりをしていても、時期が来れば辞めることがほとんどです。しかしそこから出血をしていたりすれば、気をそらしたりして対処するとよいでしょう。

 

-怒ったりしないで

なかなか指しゃぶりを赤ちゃんがやめないと、つい怒ってしまうかもしれません。しかし、怒れば余計にストレスで指しゃぶりが加速する可能性が高くなることも。辞めさせるときには、おもちゃや知らない遊びで気を紛らわせて、好奇心を刺激してあげましょう。

 

やめさせると泣く…代わりにおしゃぶりは?

指しゃぶりの代わりのおしゃぶりを使う方法もあります。おしゃぶりは乳幼児突然死症候群のリスクを減らしたり、泣き止んでくれるといった効果があります。指しゃぶりよりも衛生的なところもポイントです。ただし、おしゃぶりにも、依存やコミュニケーション発達の遅れなどの悪影響もあります。その点を注意して使うようにしましょう。

 

小さいうちは過剰に気にしないで

基本的に指しゃぶりは自然に消えていきます。そのため小さいうちから過剰に気にする必要はありません。指しゃぶりも大切な発育の過程のため、それを無理にやめさせようとしなくても大丈夫です。大きくなっても指しゃぶりをしているなら、何かのサインではないか?と気にしてみてください。

 

(Photo by:写真AC

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-02-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

口に関する記事

知っておくと安心!転倒などで乳歯が折れたり、グラグラしてしまった時の対処方法

 お子さんの乳歯が全部生え揃ったときの本数は何本かご存知でしょうか。   ...

意外と多い?子どもの口の中などの怪我による出血の対処法

乳児期・幼児期に起こりやすい事故のひとつとして転倒・転落があります。 転倒...

病気と症状の体験談

脂漏性湿疹のケア~保湿が大切、私が使った保湿剤

1ヶ月過ぎたあたりから、赤ちゃんのおでこや眉毛部分に黄色いかさぶたが付着するようになりました。 ...

RSウイルスで入院

入院中(>_<)生後すぐ、まさかの入院出産し、晴れて母子共に退院してから数日後…生後10日くらいで、...

口の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る