カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. 耳・鼻・口・喉 >
  5. 赤ちゃんの中耳炎はなぜ起こる?中耳炎サインを見逃さないで、すぐに病院で治療を受けよう!

育児

赤ちゃんの中耳炎はなぜ起こる?中耳炎サインを見逃さないで、すぐに病院で治療を受けよう!

f09709c12cb609b72f749d10a92ef66a_s.jpg

中耳炎というと赤ちゃんがよくかかる病気として知られています。赤ちゃんはこの中耳炎にかかりやすく、風邪を引くたびに何度も病院に通ったママパパもいるかもしれません。その中耳炎はどうして赤ちゃんに起こりやすいのでしょう?また中耳炎のサインや治療法・予防法についてご紹介します。

 

赤ちゃんに起こりやすい中耳炎

赤ちゃんはよく中耳炎を起こします。生後6か月くらいからかかる可能性が高くなっていき、3歳くらいまでかかりやすさが継続します。

 

-中耳炎とは?急性?慢性?

中耳炎が起こるのは耳の構造が関係しています。耳には鼓膜があり、ここから鼻や耳につながる耳管があります。鼓膜の内側まで耳管は続いていますが、通常は閉じています。しかし、何かを飲み込んだり咳をしたときにこの耳管は開きます。

 

この開いたときに鼻から空気が入り込み、その時にウイルスや細菌も一緒に入ってくると、炎症が起こり中耳炎となります。

 

中耳炎には風邪などが原因で起こる急性中耳炎が多く、一方で急性中耳炎の治療が不十分だと、滲出性中耳炎や慢性中耳炎になり、難聴になる可能性も出てきます。

 

-赤ちゃんは中耳炎になりやすい

大人に比べて赤ちゃんの方が中耳炎が起こりやすいのは、赤ちゃんの耳管の特徴に理由があります。赤ちゃんの耳管は、短く・太いので、ウイルスや細菌が入ってきてしまいやすいです。ただし成長とともにこの耳の構造も変化していくので、発生率は下がっていきます。

 

-原因の多くは風邪

赤ちゃんが中耳炎になる原因の大半は「風邪」です。風邪を引いたときのウイルスや細菌が鼻から耳に入り込み、炎症が起こります。特に黄色っぽい鼻水が出ている場合は、ウイルスや細菌が多くいる状態ですので気をつけましょう。

 

中耳炎症状があったらすぐ病院へ

風邪をひいたとき・風邪を引いた後、次のような症状があったら「中耳炎かな?」と疑ってみてください。

 

-耳を触る

炎症が起きていると痛みや違和感で、頻繁に耳を触るようになります。赤ちゃん自身も無意識に手を伸ばして触ったり、引っ張ったりします。

 

-発熱が3日以上

発熱が3日以上下がらない場合には、もしかしたら風邪から中耳炎に移行しているかもしれません。その場合は一度風邪でお医者さんに行っていても、もう一度中耳炎でないか診てもらいましょう。

 

-鮮やかな黄色の耳垢(耳垂れ)が出てきた

耳から出てきますが、これは耳垂れといって、膿です。炎症が進むと内耳に溜まった膿が、鼓膜を破って出てきます。かき氷のシロップのように鮮やかな黄色で、ドロッとしていることもあります。これが耳やシーツについていたり、乾燥したものがこびりついていたりします。

 

赤ちゃんの中耳炎、治療方法

中耳炎の治療は抗生物質での治療がメインです。症状が軽ければ解熱鎮痛剤で治ることもありますが、そうでなければしばらく継続して抗生物質を服用します。もし滲出性中耳炎になってしまえば、手術をする可能性があります。

 

手術では、「鼓膜切開」をして中に溜まっている膿を取り出します。切開した鼓膜は再生するので問題ありません。また「チューブ留置術」という手術もあります。膿を取り出すために鼓膜を切開し、チューブをはさんで空気の出入り口を作ります。チューブを数カ月そのままにして様子を見ていきます。

 

赤ちゃんの中耳炎を予防する方法

予防方法としては鼻水のケアが一番です。鼻水が出ているときには、こまめでスポイトで吸ったり、耳鼻科で対応してもらったりしましょう。また、ワクチンで予防する方法もあります。中耳炎に効くワクチンはありませんが、小児用肺炎球菌ワクチンの接種で、中耳炎になる確率が減るとされています。

 

中耳炎にならないよう、予防もしてあげましょう

赤ちゃんはまだ体の構造が出来上がっていないために、中耳炎になりやすいんですね。我が子が風邪を引いたら、中耳炎の可能性まで考えてホームケアをしてあげてください。中耳炎になってつらいのは赤ちゃん自身ですから、まずそうならないように予防してあげましょう。

 

(Photo by:写真AC

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-02-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

耳・鼻・口・喉に関する記事

先天奇形「口蓋裂」…手術のタイミング、術後の訓練…再手術はあるの?

普通上あごが裂けていることはありません。けれど、それが生まれつき起こるのが「...

赤ちゃんの呼吸が苦しそう!ミルクを飲めない…先天性の「咽頭軟弱症」

赤ちゃんの呼吸器系の病気で大半をしめているのが、咽頭軟弱症です。赤ちゃんが呼...

病気と症状の体験談

正月に発熱~病院も正月休みで初めての救急へ~

娘が12月中旬に一度風邪をひき、薬を飲ませ完治。年末年始にまた風邪を引くことはないだろうと思っていま...

1歳1か月で、突発性湿疹になりました

我が家の三女、1歳1か月 先日、ついに突発になりました~高熱が4日間!!先日、我が家の三女が突...

カラダノートひろば

耳・鼻・口・喉の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る