カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. ママの悩み >
  4. 赤ちゃんにテレビはどれくらい見せてOK?テレビの悪影響&テレビから離すための方法

育児

赤ちゃんにテレビはどれくらい見せてOK?テレビの悪影響&テレビから離すための方法

808b90f3c65c079a6a1fe7c22adc156e_s.jpg

赤ちゃんがテレビをじっと見ていてくれると、ママパパは本当に助かります。しかし、その一方で、こんなにずっとテレビを見せていて大丈夫だろうか?とも感じてしまうことありますよね。今回は、赤ちゃんがテレビを見ることの悪影響や対策について解説します。

 

赤ちゃんにテレビを見せてもOK?

子供向けのテレビ番組を赤ちゃんにテレビを見せることは、あまりよいイメージがありませんよね。赤ちゃんにテレビを見せてもいいのでしょうか?

 

-やっぱりテレビはママパパを助けてくれる

とはいっても、育児はせわしないです。赤ちゃんがテレビを見ている間に家事を済ませたりしたい気持ちもあります。どうしても赤ちゃんにおとなしくしていてほしいときには、テレビが赤ちゃんを引き受けてくれますから助かりますよね。

 

気になるテレビの悪い影響

もちろん、赤ちゃんにテレビを見せたからと言ってすぐに悪いことが起こるわけではありません。けれども長くテレビをつけていれば不安にもなりますし、長い目で見たときの影響が気になります。

 

-言葉の発達に遅れ

日本小児科医会によると「赤ちゃんのテレビは2歳まで控えるべき」としています。2歳未満の子どもがテレビを長時間見ていた場合、意味のある言葉を話すのが遅れる可能性が高いとされています。また、子どもがテレビを見ているかどうかによらず、長時間テレビがついている家庭は言葉自体の発達が遅れる可能性も指摘されています。

 

-コミュニケーション能力が育たない

テレビは情報を送ってくるだけです。そのため赤ちゃんの側の表情が乏しくなったり、視線が合いにくくなったりすることも指摘されています。その結果コミュニケーション能力が育ちにくく、脳が発達する大切な時期を逃してしまう可能性があります。

 

-視力への影響も?

毎日毎日至近距離からずっとテレビ画面を見ていると、将来的に視力の低下につながる可能性もあります。

 

-1~2時間くらいの範囲で

悪い影響が懸念されますが、それでもテレビが絶対に悪ということではありません。1日のテレビの視聴時間は1~2時間くらいの範囲でおさめるとよいでしょう。

 

-授乳中や食事中は消す

授乳中や食事中にテレビをつけていると、授乳や食事に集中できません。「ながら食べ」は大人でもよくありませんよね。テレビはつけっぱなしにしないで、他にするべきことがあるときは消しましょう。

 

-テレビの代わりにおもちゃや音楽

テレビは音も画面も赤ちゃんをひきつけます。そのため飽きることなく見入ってしまいます。けれどもテレビ以外にもおもちゃや音楽など赤ちゃんがひきつけられるものを提供してあげれば、そちらの興味を示します。

 

テレビをいきなり消せば赤ちゃんも怒ったり、泣いたりしますから、こうしたもので引き付けてから隙を見て消すとよいです。

 

-テレビをつけっぱなしにしない

テレビを生活音としてつけっぱなしにしている家庭もあるでしょう。ママパパも見たいテレビ番組があると思います。しかし赤ちゃんは大人のように、適度に休んだりできません。そのためつけっぱなしにするのはやめましょう。

 

テレビから離すためには?

赤ちゃんはテレビに集中していると、どんどんテレビ画面に近づいていってしまいます。けれども近づけばそれだけ不安ですよね。赤ちゃんをテレビから離すためには何ができるでしょうか?

 

-柵でテレビガード

テレビの周りにベビーゲートなどを置いてガードするとよいです。赤ちゃんがテレビを触ったり、その周りのものをいじって危ない場合にも、ベビーゲートなどで柵をしておけば安心です。

 

-テレビ台を高さのあるものに

テレビ台が高いものだと、赤ちゃんが近くに行ってもよくテレビ画面を見られません。そのためテレビ台を背の高いものに代えると自然と赤ちゃんも遠ざかります。

 

-特等席を用意

○○ちゃんがテレビを見るとき専用の椅子を用意してあげるのもよいです。テレビを見るときは椅子に座るのを約束にすれば、そのうち赤ちゃんもそれが定着していきます。

 

テレビの音よりもママパパとのコミュケーションが大切

テレビを見せるのは絶対に悪いことではありませんしかし、はるかにママパパとのコミュニケーションの方が大事なのは言うまでもありません。テレビも利用時間を考えて有効活用しつつ、しっかりお子様と向き合って下さいね。

 

(Photo by:写真AC

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-02-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ママの悩みに関する記事

生後2か月の赤ちゃんと掃除機。掃除のポイントは??

小さな赤ちゃんがいればいるほど、清潔を保ちたいと感じますよね。今回は、生後2...

同性きょうだいを育てるママへ 姉+妹の姉妹を育てるママが知っておきたいコト

お子さんをお持ちのママで、男の子も女の子もいるという家庭はバランスが取れていて...

ママの悩みの体験談

昔とは違う?!赤ちゃんの育児

昔はよかったのに、今はNGだったり、その逆だったり、 今と昔とは、育児の仕方が違うということで、 ...

高齢出産ママの産後実録

1人目が35歳のときに、2人目が37歳のときに出産しました。 地域にもよると思いますが私の周り...

ママの悩みの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る