カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. ホームケア >
  4. 新生児の平熱って?何度から発熱?低い場合の原因は?新生児の体温について解説!

育児

新生児の平熱って?何度から発熱?低い場合の原因は?新生児の体温について解説!

bbfecaa90c2def90355b3a9c57875e36_s.jpg

新生児の体温管理に苦労するママパパも多いようです。新生児は大人よりも体温が高いですし、その上ちょっとした環境の変化で上がったり下がったりします。発熱しているのか?病院に行くべきなのか?高い・低い理由は何なのか?とアレコレ困ってしまうかもしれません。そんな新生児の体温について解説します。

 

新生児は体温が高い

生後間もない赤ちゃんを抱っこすると、とても温かいことに驚きます。新生児をはじめ、赤ちゃんのうちは大人よりも体温が高いのが普通です。

子どもが大人と同じくらいの体温になるのは、筋肉と体温調節機能の関係から、思春期頃と言われます。男の子の場合そこからさらに機能が発達していき、筋肉も多いので体温は高めになります。

 

-新生児は体温調節がうまくできない

新生児のうちは筋肉もありませんし、体を動かして体温を上げるといったことができません。そのため、胎児のときからある褐色細胞という細胞を分解して熱を作っています。

そのため外の環境からの影響を受けやすくなっていて、体の中に熱を溜めやすいんですね。そのため、体温も高くなりがちです。

 

赤ちゃんの平熱&正常値

赤ちゃんの平熱は「36~37.5度」が正常の範囲内の値です。

ただ、熱を測ったときにこの範囲内から外に出たからといってすぐに異常ということではありません。赤ちゃんは自分で体温調節ができない分ちょっとしたきっかけで変動もしやすいです。

1日の中でも大きく変わり、泣いた後や授乳直後は体温が簡単に上がってしまいます。

 

-専用の体温計で測定するのがおススメ

平熱には個人差もありますから、普段から我が子の熱を測定しておいてそれを把握しておくのがよいでしょう。

変動しやすい赤ちゃんの平熱を知るためには、赤ちゃん専用の体温計がおススメです。大人が使う体温計でもいいですが、大人が使うものは測定時間が長いものが多いです。

その点、赤ちゃん用の体温計は測定時間が短めです。「測定時間1秒」などの体温計もありますが、それは測るときにコツがいり、きちんと測らなければ正しい値に近くならないこともあります。

赤ちゃん用の体温計には色々と種類もあるので、それぞれの特徴を知った上で選びたいですね。

 

-発熱の基準値は何度?

普段の赤ちゃんの平熱にもよりますが、赤ちゃんが明らかに発熱している体温は「38度」です。平熱が高くて37.5度なので、ちょっと上がっただけでも38度を超えてしまう子もいます。

体温だけでなく、ぐったりしていたり、あまりおっぱいを飲まなかったりといった体調の変化も併せて見て、病院に連れていくか判断しましょう。

 

また、赤ちゃんは周りの影響で簡単に体温が上がってしまいます。「室温が高い」「服を着せ過ぎている」「興奮している」といったことがないか確認してみましょう。これらを対処して、それでも熱が下がらなければ発熱しているかもしれません。

 

赤ちゃんの体温が低い…どうして?

新生児は体温が高いはずなのに、測ってみると「なんだか体温が低い…」ということもあります。赤ちゃんの体温が低い原因には何が考えられるでしょうか?

 

・風があたる

室温が低いときには赤ちゃんの体温が下がってしまうのはもちろんです。それ以外に考えられるのが、エアコンや扇風機の風邪が当たってしまう場合です。

赤ちゃんは体の表面から熱が奪われやすいので、風にさらされることで簡単に体が冷えてしまいます。

・汗をかいた状態で放置

赤ちゃんはとても汗っかきですが、汗は体を冷やす作用があります。

赤ちゃんも同じで、汗をかいたまま放置したり、お風呂に入った後そのままにしてしまうと、熱が奪われて体温が低くなってしまいます。

・肌着やおむつが冷たい

たったそれだけ?と思うかもしれませんが、赤ちゃんの熱は簡単に奪われます。体に直接触れる肌着や、オムツ、布団などが冷たいだけで、赤ちゃんの体温は下がってしまいます。

ただし、だからと言って布団に湯たんぽを入れるのは、温かくなりすぎるのでやめましょう。

 

新生児の平熱を把握するのは毎日の体調管理のために大切です。もちろん赤ちゃんの体調は熱だけでは判断できませんが、熱の把握はひとつの大きな方法です。いざというときに慌てずに対処できるように、赤ちゃんの体温に気をつけてみてみましょう。

(Photo by:写真AC

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-01-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ホームケアに関する記事

産まれてから一度も便が出ない~鎖肛とは

  先天性の異常のなかに「鎖肛(さこう)」というものがあります。肛門が本来の場...

お風呂から上がった後に出来る子どもの風邪予防対策!お風呂上りに体を冷やさないためコツ

お子さんの風邪対策には、体をしっかりとあたため、免疫力を高めておくことが大切で...

ホームケアの体験談

あれが原因?!あかちゃんの初めての発熱

一人目の子供は丈夫だったのか過保護すぎたのか1歳になるまで高い熱を出す事はありませんでした。 おか...

鼻が詰まってねむれない赤ちゃん

娘が風邪をひきました。特に鼻づまりが酷いみたいでつらそうです。 赤ちゃんの鼻風邪、自分で鼻水出せな...

カラダノートひろば

ホームケアの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る