カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. ダイエット >
  4. 夕食抜きダイエットの失敗しないコツを教えます♪カロリー消費が得意になる体へ★ダイエット合宿の内容を紹介!

美容・ダイエット

夕食抜きダイエットの失敗しないコツを教えます♪カロリー消費が得意になる体へ★ダイエット合宿の内容を紹介!

今度こそ成功させたい!夕食抜きダイエットの失敗しないコツを教えます♪

女性にとってダイエットは永遠のテーマとも言える存在です。今まで一度もダイエットをしたことがないという女性は少ないのではないでしょうか?ダイエットにはいろいろな方法がありますが、無理なダイエットや間違ったダイエット方法はリバウンドやトラブルの元です。今回は人気の高い夕飯抜きダイエットの特徴と失敗しないコツをご紹介します♪

 

夕飯抜きダイエットって?

夕飯抜きダイエットとは、その名前のとおり夕飯を抜くダイエット方法です。1日のうちで1番カロリー摂取量が多くなりがちな夕飯を抜くことで、1日の総摂取カロリーを抑えることができます。

 

夕飯は脂質が1番吸収されやすい!

人間の身体は午後10時~午前2時までの4時間が、最も脂質の吸収が良いとされています。つまりその時間の前後に脂質を多く取ってしまうと、そのまま吸収されやすくなってしまうのです。そのためその時間に1番近い夕飯を抜くことで脂質や糖質の摂取が抑えられ、脂肪の蓄積を防ぐことができます。

 

胃や腸の休憩時間を作る必要がある。

1日3食食べていると胃や腸の休むタイミングがなく、体内のエネルギーの多くが使われ続けてしまうのですが、1食抜くことで胃腸の休まる時間が増えます。胃腸が休んでいる間は、今まで胃腸に使われていたエネルギーが他の内臓に回るため、その分他の内臓の動きが活発になり、身体の基礎代謝が上がります。

ダイエットのポイントは摂取カロリーより消費カロリーが上回ることにあるため、基礎代謝が上がることで1日の消費カロリーもアップします。

 

寝ている時間は脂肪を燃焼しない!

朝食や昼食の後は、仕事や学校など身体を動かすことが多いのですが、夕飯の後はほとんどの人が体をゆっくり休めて後は寝るだけになるため、脂肪の燃焼があまり行われません。そのため夕飯を食べすぎてしまうことは、肥満につながってしまいますが、逆に夕飯を抜くことは余分な脂肪の蓄積を避けることにつながります。

 

夕飯抜きダイエットのメリット・デメリット

夕飯抜きダイエットは、その効果の高さから一気に広まり実践する人が増えてきましたが、メリットとデメリットがあるためよく理解しておくようにしましょう。どんなダイエットにもメリット・デメリットがあるのですが、その両方をしっかり知っておくことはダイエットを成功させるために大切なことです。

 

メリット1~短期間で効果が出やすい!

成人の一般的な摂取カロリーの目安は1日1800~2200kcal前後です。夕飯は1日でも1番摂取カロリーが高くなりやすいため、夕飯を抜くことで800kcalほど総摂取カロリーを減らすことができます。そのため比較的短期間でダイエット効果が出やすいとされています。

 

メリット2~食事がおいしくなる

夕飯を抜くことで、他の時間帯の食事がおいしく感じられるようになります。また朝食をしっかり食べることは身体が温まりやすくなり、排便サイクルが整い、痩せやすい身体を作り出すことができます。

 

デメリット1~栄養不足に注意する必要がある

夕飯は自宅でとる人が多いため、1日の食事の中で1番栄養素をとりやすくなります。そのため夕飯を抜くことで、1日に必要な栄養が不足しやすくなります。対処法としては朝食や、昼食でしっかり栄養を摂ることや、サプリメントなどで必要な栄養素を補給するようにしましょう。

 

デメリット2~リバウンドしやすい

夕飯抜きダイエットの1番大きなデメリットがこのリバウンドです。「○○抜きダイエット」や「○○のみダイエット」などは、効果が短期間で出やすい反動でどうしてもリバウンドしやすくなります。

 

対処法としては、ダイエットをやめるときは一気に普通の夕飯に戻すのではなく、最初は酵素ドリンクやスムージーなど低カロリーな夕飯から少しずつ戻していくようにしましょう。

 

夕飯抜きダイエットの失敗しないコツ

夕飯抜きダイエットを失敗しないためには以下のコツを守るようにしましょう。

 

1.できるだけ早く寝る

夕飯を抜くことで夜に空腹を感じやすくなります。起きているとついつい何か食べたくなってしまうため、できるだけ早く寝るようにしてみましょう。

 

2.総摂取カロリーを意識する

夕飯を抜くから…とついつい朝食や昼食を食べすぎてしまったり、間食してしまう人が多いのですが、1日の総摂取カロリーを抑えることがこのダイエットの目的のため、朝食・昼食・間食を食べすぎないようにしましょう。

 

3.夕方に軽食を取り入れるのも可

夜の空腹の我慢がつらい場合は夜18時までであれば、摂取しても影響が少ないとされているため、我慢できないようであれば18時前にスープなど軽食を摂るようにしましょう。

 

4.ストレスを溜めすぎない

我慢しすぎることでストレスが溜まってしまうと、自律神経が乱れやすくなります。自律神経が乱れると体内バランスが崩れ、基礎代謝も下がってしまいます。ダイエットには我慢は必要ですが、我慢しすぎないようにしましょう。

 

正しい方法で今度こそダイエットを成功させよう!

夕食抜きダイエットは短期間で効果がでやすいですが、過度にやりすぎると体内バランスを壊してしまう可能性があります。効果が大きい分、失敗やリバウンドの可能性も高いダイエット方法のため、行うときは計画を立てて無理のないよう行うようにしましょう。

 

目標体重に到達した後もダラダラ続けるのではなく、夕飯抜きダイエットはここぞ!という時のダイエットに取り入れて、目標達成後は別のダイエット方法に変更していくことがおすすめです。正しい方法で上手にダイエットを成功させましょう。

 

 

カロリー消費が得意になる体へ★変えていきたい毎日の習慣はこれだ!

人間は、何かを食べると、その分カロリーを摂取してしまいます。

カロリー摂取の量が多ければ、それだけ消費する力も必要ですし、消費できなかったものに関しては体に蓄積されていき、脂肪へと変貌を遂げてしまいます。

カロリー消費が得意!といえるような体になるためには、毎日どんな生活を送ると良いのでしょうか?

 

◆有酸素運動を取り入れること!

脂肪を燃焼させるものは筋肉です!筋肉をつけるためには適度な運動が必要です。

そして、ただ筋肉トレーニングをするよりも効果的な方法とは有酸素運動です。沢山の酸素を取り入れて、基礎代謝をUPさせることはダイエットにもカロリー消費にも必要なことです。

しかし毎日の生活で、仕事に家事育児、忙しい中、有酸素運動をする時間なんてなかなか…と思う方も沢山います。

 

そんな方には、毎日出来るちょっとした変化の積み重ねを行っていくことがポイントです。例えば、電車通勤であれば、一駅分は歩いてみる、や、車通勤の方は時々自転車に変更してみる。

お買い物へいくママも車ではなく歩きで・自転車で…と、少し運動できる環境にかえていく努力をすることが習慣になると、毎日の生活で有酸素運動を取り入れることが出来ます。

 

◆小腹がすいたら睡眠へ!

夜、遅くまで起きてしまうと、ついつい小腹がすいてしまう…なんてことはありませんか?

夜の時間はどうしても小腹がすいてしまい、その誘惑に負けて食べてしまいます。

しかし、食べたものが完全に消化できるまでの時間(約2・3時間)眠らずに起きておくなんてことは難しいです。ましてやお腹が満たされたら、急に睡魔が襲ってくる…なんてことも。

 

そんな時には、心を鬼にして自分を甘やかさず、小腹がすいたらお布団へ入る習慣をつけましょう。そもそも夜遅くまで起きてしまっては、肌のターンオーバーも乱れてしまい、どんどん肌も老けていってしまいます。

早寝早起きは体にも良いですし、無駄な間食・夜食を食べない方法としても最適です。

お腹がすく前に、出来るだけ早く眠ってしまいましょう。

 

簡単に思えて、実際にはなかなか意思をつよく持っていないと出来ない事です。

通勤・通学中の有酸素運動も、つい時間に甘えて「今日は忙しいからやめておこう」「今日はギリギリまで眠っていよう」などとなってしまうことも多々あるでしょう。

こんな方には、早寝をして朝、早く起きて、【朝活習慣】を取り入れてみると良い変化があるかもしれません。

 

 

ダイエット合宿は効果的・効率的に痩せるのか?ダイエット合宿の内容を紹介!

ダイエット合宿について、テレビで放送されているのを見たことがあるでしょうか?ダイエット合宿はハードなトレーニングをすることもあれば、断食道場のようなところで合宿することもあります。いずれもダイエット効果を期待できるプログラムの下でダイエットができます。そんなダイエット合宿の内容についてご紹介します。

 

ダイエット合宿に参加してみたい!

日頃からダイエットに取り組んでいる人はたくさんいると思います。ある程度の体重コントロールを日常でできていれば、日々のダイエットで問題はありません。けれどもそれがうまくいかなかったり、どうしてもダイエットを失敗してしまうこともあります。

 

ダイエットは意志の問題もありますから、1人でやっていると色々な誘惑に負けやすくなります。そんなときに、誰かの管理の下ダイエットができる、ダイエット合宿に参加したいと思うこともあるでしょう。

 

-ダイエット合宿って何?

ダイエット合宿は、ダイエットを目的とした合宿で、一定期間施設などに滞在してプログラムを受けます。特によく知られているのは断食で、お寺などで断食のプログラムを受けられることがあります。他にも食事制限や運動をメインとした合宿があり、色々なダイエット合宿があります。

 

ダイエット合宿ではどんなことをする?

実際ダイエット合宿はどんな内容があるのでしょうか?合宿によって組まれているプログラムは異なりますが、どんなものがあるのかご紹介します。

 

-メディカルチェック

痩せる前や、ダイエット中に必要なのがメディカルチェックです。

たいていの合宿ではこれが行われ、運動や食事制限をしても大丈夫か判断します。またメディカルチェックに基づいて、個人に合ったプログラムを組み立ててくれることもあるようです。

 

検査の内容としては、「血液検査」「尿検査」「心電図検査」などがあります。場所によっては、痩身のターゲットとなる場所を把握するという意味で「腹部や太もものCTスキャン」をとることもあります。

 

-栄養・食事指導

1日に必要なカロリーの把握や、栄養バランスなど、正しい食事を教えてくれます。施設によってはそれまでの食習慣を把握して、改善点を教えてくれることもあります。こうした指導を受けることで、合宿が終わった後の生活にも、合宿の成果を生かせます。

 

逆に断食では、食べることを絶つのが目的です。消化器官への負担を考えながら、だんだんに食事の量を減らし、終わればだんだんに食事の量を増やします。その時の体の状態に適した食事を提供してくれます。

 

-運動指導

普段運動習慣がないことも多いでしょう。ダイエット合宿では、痩せるのに効果的な運動も指導してくれることがあります。今している運動が何に効くのか?正しく筋肉を鍛えるにはどんなコツを押さえればいいのかなど、1人ではわからないことを教えてくれます。

 

-痩せるための知識

合宿というと合宿中の食事や運動が注目されがちです。けれども本当にその後に生きるのは、合宿中に得たダイエットの知識かもしれません。特に自分でダイエットをしているとき、適当に食事制限や運動ばかりをやみくもにやっていたなら、そうした知識がこれからのダイエットに役立つでしょう。

 

-温泉やマッサージがあるところも

デトックス効果など求めて温泉やマッサージが、プログラムの中に入っていることもあります。ダイエットを頑張る反面、リラックスすることも大切ですね。

 

-厳しいところもあれば、そうじゃないところも

ダイエット合宿というと、特にテレビなどではハードで厳しいプランを想像するかもしれません。実際にそういったところもありますが、それはそれぞれです。すべてがスパルタ指導ということはなく、丁寧に指導してくれるところもあります。

 

-短期もあれば長期もある

2泊3日程度の合宿もあれば、1か月というような長期にわたる合宿もあります。

 

自分に合った合宿を選び効果的にダイエットを行いましょう

人によってどんなダイエット合宿があっているかはそれぞれでしょう。どうしても自分に甘くなってしまうなら、あえて厳しい指導をしてくれる合宿に参加してもいいですね。目的が一緒の人が集まるところも、ダイエット合宿の効果のひとつではないでしょうか?ダイエットに成功した!と感じられるよう、合宿に参加してみてはどうでしょう?

 

(Photo by:写真AC

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-26掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ダイエットに関する記事

締める・緩めるを繰り返すだけ!どこでも出来る骨盤底筋体操☆便秘解消、ダイエットに♪骨盤ダイエットのメカニズム

骨盤底筋を鍛えたいけれど、時間もあまりないしマットも持っていないという方でも...

子育て中にだって二の腕シェイプ!おんぶをしながらできるダイエット~二の腕を細くしよう!~

知らない間にプルプルになっている二の腕をどうにかしたいと思う方は多いと思いま...


あなたの肩甲骨の柔軟性はどれくらい?ながらダイエットで気付けば小顔に!

  肩甲骨を動かすだけで痩せるというダイエット方法を知っているでしょうか。 ...

ダイエットを成功するために・・・知っておくべきおすすめの方法やコツ

  ダイエット中だけど間食を止められないという方は案外多いようです。間食を続け...

カラダノートひろば

ダイエットの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る