カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 安眠・快眠術 >
  4. 家族が明るい場所で寝たい…そんなときはアイマスクと耳栓で安眠妨害をシャットアウト!

不眠・睡眠障害

家族が明るい場所で寝たい…そんなときはアイマスクと耳栓で安眠妨害をシャットアウト!

寝るときは、ほんのり明るい程度の明かりで…図書館程度の静かさで…わかっていても家族の都合や住まいの都合で、実践出来ないことも多いですよね。

 

睡眠の環境が家族と合わない場合

・もともと家の外が明るい環境にある。

・もともと家の外から騒音がする。

・一緒に寝ている家族が明るくして寝るのが好き。

・一緒に寝ている家族がTVを見ながら寝るのが習慣。

 

家族や住まいがこのような状況の場合、なかなか睡眠に適切な環境を作るのが難しいですよね。

また、自分は不眠を感じていて、睡眠時の環境に気をつかいたいとします。しかし、同居の家族は特に不眠を感じていなくて今までの習慣を変えたくないという場合もあります。筆者の家族がそうでした(笑)

 

そのような場合、他人にあれこれ言って環境を変えさせるより、自分自身で工夫してしまう方がラクなこともあります。そこで筆者が活用したのがアイマスクや耳栓です。

 

アイマスク

アイマスクと言えば、電車や飛行機、仮眠等を想像するのではないでしょうか?

筆者は、100均で買ったアイマスクをつけて寝るのを試してみましたが、結果はなかなかでした。

現在では、安眠グッズとしてもアイマスクは販売されています。顔にしっかりフィットして、光が入らないアイマスクが良いでしょう。

昼寝や夜勤の人も使ってみてはいかがでしょうか?

 

耳栓

耳栓をつけると、夜中の緊急事態や目覚ましの音が聞こえないんじゃないかと心配になりますよね。

しかし、ドラッグストアで売っている耳栓でも、小さな音(雑音程度)は聞こえないけれども、大きな音やはっきりとした話声は聞こえる種類があるので、そちらを活用すれば安心です。

現在では耳栓にも多くの用途に分かれた種類があり、安眠用の耳栓もあります。他の音は遮断して、目覚まし時計の音の高さが聞こえるというもので、付け心地も違和感がないようです。

 

睡眠環境の改善には自分だけでは、対応できないこともありますよね。あきらめずに、安眠妨害をシャットアウトする方法を考えてみましょう。

 

(Photo by 著者)

著者: jellyfishさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

安眠・快眠術に関する記事

夜中に目が覚めるのは年のせい?原因はセロトニン…どうやってセロトニンを増やす?

よく眠ったなぁと思ったら、まだ12時。新聞屋さんの音で目が覚める。年のせいかし...

リラックスしているときに出るα波は入眠のときにも出る!?好きなことをしてα波を出そう

α波という言葉を聞いたことがある方も多いはずです。α波は睡眠とも関係があります...

カラダノートひろば

安眠・快眠術の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る