カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 変形性膝関節症 >
  4. リハビリ(変形性膝関節症) >
  5. 膝関節症の装具療法に使われる装具「足底板」

関節痛・腰痛

膝関節症の装具療法に使われる装具「足底板」

 

膝関節症の装具療法に使われる装具のうちの一つが足底板です。
足底に板を敷くことによって、膝のバランスを保つというものです。

 


●足底板の効果


アメリカのシカゴにあるラッシュ大学の研究によって、内側型変形性膝関節症の患者に外側ウェッジ型の足底板の長期使用が効果的ということがわかりました。


この研究では内側型の膝関節症を持つ100人を対象としています。
3年間にわたる研究で、通常の足底板と外側ウェッジ型足底板を使った患者を比べました。
1日8時間の装着を行ったところ外側ウェッジ足底板を使った方は内側部分の負荷が少なくなり、結果的に膝にかかる負担も減ったことがわかりました。


●足底板を手に入れるには?


足底板はそれぞれ、個人に合ったものがあります。
そのため、足底板を手に入れるためにはできれば医師の助言、専門家による検査などがあった方がよいです。


足底板自体はインターネットなどでも手に入れることができますが、自分の足にあったものでないと、逆に膝に負担をかけてしまう可能性も高いです。
無理なく足底板を使い続け、膝関節症における膝の負担を減らすためにも、できるだけ病院、リハビリ施設などで作ってもらいましょう


足底板の他に装具療法ではなどを使うこともあり、個人の生活や症状に合わせて生活を支えてくれるものを選ぶのが一番です。

 

 

(Photo by //www.ashinari.com/2009/07/23-025088.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

リハビリ(変形性膝関節症)に関する記事

膝関節症に効くストレッチの方法

  膝関節症に効くストレッチを紹介します。   ●筋肉を柔らかくするス...

リウマチのリハビリには2種類!「手術をする場合」と「しない場合」について

リウマチのリハビリテーションには2種類あります。ひとつは手術をしない場合のリ...


膝関節症手術後の3つのリハビリ

  膝関節症の手術の後にはリハビリが必要な場合があります。リハビリが必要な...

膝関節症の手術から仕事復帰まで

  膝関節症の患者の中には仕事をいったん休んで手術を受けるという方もいます。仕...

カラダノートひろば

リハビリ(変形性膝関節症)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る