カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 変形性膝関節症 >
  4. 検査・治療 >
  5. 膝関節症の3つの手術の費用と時間

関節痛・腰痛

膝関節症の3つの手術の費用と時間

膝関節症の手術を受けるとは言っても、どれくらいの費用と時間がかかるのか不安に思う方もいるはずです。

 

膝関節症の費用と時間についてまとめます。

 

●関節鏡視下手術の費用と時間

関節鏡視下手術は体への負担が最も少ないことで知られている膝関節症の手術です。そして、関節鏡視下手術の場合は体への負担だけはなく、金銭的負担、時間的負担も少ないです。

 

ほとんどの関節鏡視下手術は日帰りで終了します。場合によっては1-2日の入院が必要なこともありますが、ほかの手術方法に比べると時間はかかりません。

 

料金は自己負担額10万円以内で済むことが多いです。

 

●骨切り術の費用と時間

骨切り術は、膝関節症における膝の負担を分散化するという手術です。人工関節の耐用年数の問題から、若い方なら骨切り術を勧められることも多いです。

 

骨切り術は入院期間が最も長いです。リハビリ期間が長いので、平均的に40日、長ければ2か月の入院が必要と言われています。

 

入院期間が長くなるということは、当然ですが入院費用も掛かります。自己負担額が50万円近くなる場合もあります。

 

●人工関節置換術の費用と時間

人工関節置換術は骨切り術ほど時間がかかりません。リハビリ期間を入れても30日程度の入院期間で済みます。

 

一方で、費用は多額になる傾向があります。人工膝関節自体の料金もかかるので100万円程度の費用が自己負担となる例も珍しくはありません。

 

骨切り術や人工関節置換術の場合、高額療養費制度を利用して負担を減らすことをおすすめします。

 

(Photo by //pixabay.com/)

著者: くまさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

検査・治療に関する記事

関節の負担を軽減する装具とは?~関節症を治療する療法~足底板とサポーター

関節症を治療する療法で、関節の負担を軽減してくれる装具を装着する療法がありま...

変形性ひざ関節症の手術的治療

保存的治療を第一に行いますが十分な保存的治療を行っても症状の改善がみられず、...


リウマチの治療!人工関節置換手術とその後の生活は?~末期のリウマチ治療法~

リウマチの治療方法のひとつに手術療法があります。手術療法の方法のなかでも人工...

膝関節症にヒアルロン酸が効くワケ

  膝関節症の治療と言えば保存療法と手術療法があります。 保存療法では薬...

カラダノートひろば

検査・治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る