カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 環境 >
  5. つわり中だけではない!過ごす時間が長い寝室にこだわろう!

妊娠・出産

つわり中だけではない!過ごす時間が長い寝室にこだわろう!

つわり中にお手洗いと同じぐらい利用するのが、寝室です。

日常生活でもほとんどの人が寝室で過ごす時間が一番長いので、インテリアにはこだわられている人も多いと思います。

 

妊娠中の寝室

私は妊娠初期と後期は眠気づわりで一日中眠く、何時間でも眠れました。

おまけに、妊娠後期はお医者様から安静にするよう言われていたので、一日の大半はベッドで過ごしていました。

寝室のインテリアアイディア

・寝室のカーテンは遮光カーテンにする

日中に横になることが多くなります。

眠りを妨げないために、外の明かりを遮断しましょう。

 

・寝具の色を落ち着くものに変える

寝室を利用する時間が増えれば、当然寝具を目にする時間も増えます。

布団カバーなどを黒や原色のハッキリした色合いではなく、やさしい落ち着いた色のものに変えましょう。

 

・サイドテーブルに寝ながらできる趣味の物を置く

しんどくて横になっていても、眠れずに退屈な時もあります。

私はポータブルDVDプレーヤーや本を常に置いていました。

 

・寝具の横にやわらかい明かりの照明を置く

妊娠中はトイレなどで夜中に起きることも増えます。

つまずいたりしないようにライトを置きましょう。

 

・枕を見直す

横になる時間が増えると、枕を使う時間も増えます。

こだわりの自分専用の枕を見つけましょう。

あおむけ寝・うつぶせ寝・横向き寝などの寝る癖によって枕を選びましょう。

 

・クッションをいくつか置く

体を起して、本を読むときなどに便利です。

もちろん、クッションカバーはこだわったものを選びましょう。

 

・小さなひざかけ用のブランケットを置く

少し冷える時に肩にかけたり、足元にかけたりして使いましょう。

 

・寝室にもグリーンを置く

植物は目にもよいですし、リラックス効果もあります。

 

妊娠中は家の中で過ごす時間が増えます。

これを機にインテリアにもこだわってみましょう。

 

(Photo by://www.gatag.net/

著者: cocoさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

環境に関する記事

「夏生まれの赤ちゃんが将来健康になる」!?妊娠中の日照時間がカギ?!

産まれてくる赤ちゃんは少しでも健康な子であってほしいと誰もが望んでいますよね...

夏場の生活習慣に原因がある!?予防法を知って夏バテ知らずに☆妊婦さんのための夏バテ対処法!

一度夏バテしてしまうと、その後の回復に時間がかかりますよね。特に体重が増え始め...

環境の体験談

引越しは産前?産後?お腹が大きくなる前がベスト?!

私たちは妊娠を機に引っ越しをしました。 というのも、当時住んでいたアパートは上の階にお子さんが住ん...

プチ一軒家!メゾネットへ引っ越し!!

(写真は新居の庭にペットを出してあげた時のものです、メゾネット感なくてごめんなさい。) 私たち...

カラダノートひろば

環境の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る