カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 予防 >
  5. 過眠や過食の症状が出たら注意!冬期うつ病の症状と予防策について

メンタル

過眠や過食の症状が出たら注意!冬期うつ病の症状と予防策について

utumentaru.jpg

一年の中で10月〜11月の寒くなり始める頃くらいに発症される方が多いため、「冬期うつ病」とよばれております。

「不眠」「食欲不振」などの一般的なうつ病とは反対に、「過眠」「過食」の症状がでることが多いようです。

 

原因の1つとしては「日照時間が短い」ことがあげられます。

日照時間が短い北欧諸国でも冬期うつ病が多いようです。また、動物であれば冬に備えてたくさん食べて冬のあいだは冬眠をしますが、この習性の名残が人間にもあるからではないかとも言われております。

 

しかしながら、「人間は社会的動物である」という言葉があるように、現代社会は人間に冬眠することは許してはくれません。

 

そこで、まずは主な症状をあげますのでセルフ・チェックをしてみてください。

 

・  通常であればこなせた仕事を処理できない。

・  思考力や集中力が極端に低下する。

・  悲しかったり、泣けてきてしまうことが続く。

・  自己否定的になる。

・  睡眠時間が極端に長くなったり、朝起きることが出来ない。

・  一日中、横になっていたい。

・  炭水化物や甘いものが無性に欲しくなる。

 

これらの症状にピンときた方は、早めに心療内科への通院をしたほうがよいかもしれません。どんな病気にも当てはまることですが、早めの対処により慢性化を予防してくれるケースもあります。

 

また、日頃から以下の方法などで予防を心がけるようにしましょう。

・  日光にあたる時間を増やす

朝は早起きして、日中はなるべく日当りが良い場所に行くことを

識して日光にあたる時間を増やしましょう。

 

 

・  軽い運動をする

一般的にうつ病は脳の神経伝達物質であるセロトニンの伝達がう

まくいっていないことが原因であると言われております。

そこで、運動によりセロトニンの伝達が促されると言われており

ます。ただ、くれぐれも無理はしないようにしましょう。

 

 

・ 食事の工夫をする

 セロトニンの量を増やすために、肉、魚、大豆などからセロトニ  ンの原料で ある必須アミノ酸のトリプトファンを摂取しましょう。また、トリプトファンの吸収に必要なビタミンB6を摂ることも心がけましょう。

 

 

(Photo by //www.ashinari.com/2012/09/27-370775.php?category=265)

著者: asakichiさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

予防に関する記事

涙をこらえることはストレスを溜め込むこと

    ■人は涙を流すことでストレスを解消することができます。 うつ病...

脳の血流が悪くなるとうつに

■脳が活動するのには血流による栄養と酸素が不可欠です。   脳の活動が正...


子供が結婚。空の巣症候群になりそうで不安…予防には?

空の巣症候群とは、就職や結婚など子供の巣立ちにより孤独感がつのり、心身共に様...

ストレスの解消方法としてよいとされていることは?うつ病予防について

   現代社会では、どうしてもストレスフリーで生活することは難しいものですよね...

カラダノートひろば

予防の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る