カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 変形性膝関節症 >
  4. 暮らしの工夫 >
  5. テーピングで膝関節症の痛みを緩和する

関節痛・腰痛

テーピングで膝関節症の痛みを緩和する

 

膝関節症の痛みを緩和する方法は数多くあります。
さまざまな方法を使いながら痛みを緩和することが大切です。

 


●日常で痛みを緩和するには


膝関節症の痛みを日常で緩和するための工夫のひとつが歩き方座り方です。

 

歩き方についてはゆっくりと動き始める、ゆっくりと動きを止めることで、筋肉に過度な負荷を与えないことが一番と言われています。


座り方ですが、膝関節症ならばできるだけ正座は避けてください。
膝に与える影響が大きすぎるからです。

初期の膝関節症の場合は運動療法をしながら医師に相談し、様子を見て正座を日常的に行う生活を取り入れるかどうか決めても良いでしょう。


そして、そのほかにテーピングで膝関節症の痛みを緩和するという方法もあります。

 


テーピングとは?


テーピングとは医療用のテープを使って関節などを保護するという方法です。
テーピングの場合は可動域が制限されないのが魅力です。


うまくテーピングしてもらえば不自然な感じもなく普通に歩いたりできます。
日本での歴史はまだまだ浅いですが、海外では100年以上の歴史がある方法です。


テーピングはどうやって行うの?


テーピングを行うには専門的な知識が欠かせません。
専門知識なしにテーピングを行うと血流悪化などを起こす可能性もあるので、専門家のもとで教わるか、直接やってもらうのが一番の方法です。


整体院、整骨院などにはテーピングの技術を持つ方が多いので、一度確認してみてもよいでしょう。

 

 

(Photo by //pixabay.com/static/uploads/photo/2012/10/22/21/48/first-aid-kit-62643_640.jpg?i)

著者: ryoさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

暮らしの工夫に関する記事

膝関節症で上手く歩行できない…膝関節症患者を支える杖の選び方!

  膝関節症の患者を支えるもののひとつが杖です。膝関節症で上手く歩行できな...

膝が痛い、歩きにくい…膝にグルコサミンがいいって本当?

  膝の痛みは老年になると多くの方が体験します。 膝関節症というほどでは...


変形性関節症の進行を毎日の生活の中で防止しましょう!

  発症してしまうと、日常生活の中でも激痛を感じる場合もある『変形性関節症』 ...

筋力アップが変形性関節症を遠ざける!

  【毎日の適度な運動は負担を軽めに】  腰、膝などの関節をなめらかに健...

カラダノートひろば

暮らしの工夫の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る