カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 変形性膝関節症 >
  4. 暮らしの工夫 >
  5. 膝に負担を与えない靴の選び方・変形性関節症の進行を毎日の生活の中で防止しましょう!

関節痛・腰痛

膝に負担を与えない靴の選び方・変形性関節症の進行を毎日の生活の中で防止しましょう!

膝関節症の方にとって歩行は一番気を遣うものでもあります。

そのため、歩くときのパートナーとなる杖選びにも一苦労、という場合も少なくはありません。

そしてもうひとつ、歩くときのパートナーとなってくれるものがあります。

それが 靴 です。

 

●どんな靴がいい靴なの?

どんな靴がいい靴なのかは人によって異なります。

ヒールがあるタイプのデザイン性を重視した靴が好きという方もいますし、シンプルなタイプで機能性を重視した靴が好きという方もいます。

 

健康なうちは自分の好みに合った靴を履けばよいのですが膝関節症になったら足の健康を一番に考えるべきです。

 

膝関節症の方にとっての『いい靴』とは足に与える負担が少なく、歩行をサポートしてくれる靴と言えるでしょう。

 

●膝関節症の方にお勧めの靴

膝関節症の方にお勧めの靴のポイントをいくつか紹介します。

 

・ヒールは3㎝以内

・地面のゴツゴツがわかるような薄い靴はNG

・かかとをしっかりと包むタイプの靴

・柔らかめで、つま先部分が手の力で曲がる靴

・足の甲からつま先が圧迫されない靴

・すぐに脱げない靴

 

膝関節症になってからはピンヒールなどの靴を履くのはお勧めしません。

フォーマルな場でどうしてもヒールを履かなければならないという時は、出来るだけヒール部分が太くなっているタイプの靴を選んでみてください。

 

変形性関節症の進行を毎日の生活の中で防止しましょう!

発症してしまうと、日常生活の中でも激痛を感じる場合もある『変形性関節症』 

辛いからといって患部を全く動かさない生活をしていると、その進行が早まってしまう可能性があります。

症状の進行を防ぐために毎日の暮らしを工夫しましょう。

 

暮らしの中で気を付けること

変形性関節症を発症してしまっても、毎日の生活の中で適度な運動や患部を温めることで、関節を柔らかくし動きを助けることができ症状の進行を遅らせることができます。

 

関節への負担に気を付ける

発症中も適度な運動が必要な『変形性関節症』ですが、関節にあまり負担をかけないように注意することが重要です。

長時間のウォーキングやジョギング、階段を繰り返し上り下りするような関節に強い負担がかかることは避け、軽く短い運動を細かく取り入れるようにしましょう。

また、サポーターや杖を使用し、関節への負担を軽くしましょう。

 

肥満も大きな原因となる

変形性関節症を発症するまでハードな運動を行う環境にいた人は、発症と共に運動量が減っていることが考えられます。

運動量が減少しても、急に食べる量を減らすのは中々難しいと思いますので、少しずつ太ってしまうこともあるかと思います。

しかし、肥満からくる自重の増加が関節に負担をかけてしまい症状の進行を早める可能性が出てきます。

運動量が減ったと感じている場合は、減量も心がけるようにしましょう。

 

運動を習慣にする

痛みのせいで身体を動かさないと、筋力が衰え関節の可動範囲も減り関節の可動域が減ります。

「変形性関節症」は動かし過ぎてもいけませんが、動かなさ過ぎるのも関節の強張りを進行させてしまいます。

その結果、症状が悪化する可能性もあるため適度な運動は改善のために必要不可欠と言えるのです。

 

この病気は自己判断はとても危険です。専門医に相談し自分の症状に合った運動の指導を仰ぎましょう。

無理をせず毎日続けることが大切です。

 

発症してもあきらめない!家族のサポートが大切です

『変形性関節症』は、一度発症すると完治することはほとんどできない病気を言われています。

しかし、症状の進行を遅らせたり、痛みを緩和したりすることは可能です。

痛みの渦中にいる発症者本人だけでは乗り越えられないことも、家族のサポートがあれば乗り越えられる可能性があります。

 

毎日の暮らしを工夫し、積極的にサポートを行っていきましょう。

 

気付くことが大切

高齢で『変形性関節症』を発症している人の中には「年だから、関節の痛みくらい仕方ない」と思い、痛みや症状を我慢してしまっている人が多いようです。

しかし、何も処置をしなければ症状の進行が早まるばかりとなりますので、早目の専門医受診が大切となります。

立ったりしゃがんだりする時や、階段の上り下りの時に痛みを我慢している様子があったら「大したことじゃない」という言葉を鵜呑みにせず、早目に医師に相談することを勧めましょう。

 

引きこもりにご注意!

変形性関節症が進行してしまうと、関節に「痛み」を強く感じるようになります。

その痛みのせいで、歩くことや正座が困難になったり、関節の変形が目に見えて分かるようになってくると、人目を気にして、次第に外出を控え家に引きこもるようになる傾向があると言われています。

しかし、変形性関節症の症状は関節を動かさずにいることで進行を早めてしまう病気です。

家に引きこもってしまうことは、運動量の減少を招き筋力の衰え、関節の可動域の減少などを引き起こす可能性があります。

また、運動不足による肥満も心配です。変形性関節症を発症していても、毎日近所を軽く散歩に行くなどの簡単な運動を続けられるよう、周りの方が気を配ることが大切です。

 

暮らしの中の危険性を減らす

変形性関節症を発症すると、知らない間に身体の可動域が減っています。

そのため今までは気にもならなかった所で転んでしまったり、ぶつけたりする可能性が出てきます。

お家の中は特に気を付けたい部分ですので、安全な環境を作ってあげられるような努力が必要です。

 

家族や周囲の人一丸となって、病気に負けない生活を送ることが重要です。

 

(Photo by http://pixabay.com/static/uploads/photo/2012/02/22/19/29/wedding-15436_640.jpg?i)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-14掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

暮らしの工夫に関する記事

変形性関節症の進行を毎日の生活の中で防止しましょう!

  発症してしまうと、日常生活の中でも激痛を感じる場合もある『変形性関節症』 ...

発症してもあきらめない!家族のサポートが大切です

 『変形性関節症』は、一度発症すると完治することはほとんどできない病気を言わ...

カラダノートひろば

暮らしの工夫の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る