カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. お金・各種制度 >
  4. 助成金・給付金 >
  5. 貰った金額の半分?3分の1?いくらにすればいい??内祝いの金額

妊娠・出産

貰った金額の半分?3分の1?いくらにすればいい??内祝いの金額

a0790_000535.jpg
内祝いの金額目安どれくらいか知っていますか??
出産祝いをもらってから慌てる前に、妊娠中からしっておきましょう。
 

出産祝い金額の半額から3分の1を目安に! 

出産内祝いの予算は、いただいた出産祝いの品の半額から3分の1の金額を目安に考えるといいでしょう。例えば1万円の出産祝いをもらった場合は、内祝いギフトの金額は3,000円から5,000円程度になります。
 

値段がわからない場合は?

値段はおおよその見当でかまいません。あまり金額にこだわってしまうと品物を選ぶのに困ってしまうので、出産内祝いの品は一律にして贈るのもいいでしょう。
 

気を付けたいマナー

少し気をつけたいのは、目上の方に贈る場合。高価なものをお返しすると、逆に失礼にあたるとされています。
 

気軽なお祝いのお返しの一例

複数の人で花束をいただく場合や、さほど値段の張らない出産祝いをいただく場合があります。こうした気軽な贈り物には、相手の気持ちをくんで、こちらからもあまり格式ばらずにお返しを考えましょう。
 
1,000円程度のタオルセットを贈るのもいいですし、みんなで分けられるお菓子をお返しするのもいいでしょう。また、お礼の手紙やカードを贈ったり、自宅に招いておもてなしをしたりして、感謝の気持ちを伝える工夫をしたいものです。
 

お返しはいつ頃までにすればいい?

出産1カ月後のお宮参りの頃に、出産内祝いを贈りましょう。
赤ちゃんが生まれると、1ヶ月後くらいにお宮参りをするのが一般的。
出産の内祝いは、このころに赤ちゃんの名前で品物を贈るのが一般的なマナーとされています。
 
産後間もない時期は、赤ちゃんの世話にも手いっぱいで、体調の回復にも個人差があります。内祝いを贈るタイミングをうっかり逃さないよう、早めに準備しておきましょう。 
 

著者: yukiguniさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

助成金・給付金に関する記事

パパ・ママ育休プラス制度を利用して、仕事と家庭を両立しよう!

  まだ少ないとはいえ、最近では男性の育休取得が増えつつあります。父親・母親が...

もらえるものはきちんともらう!2014年4月から給付率アップ!育児休業給付金の基礎知識

   育児休暇中に受け取れる育児休業給付金が、2014年4月から引き上げられた...

助成金・給付金の体験談

妊娠・出産での途中退職は確定申告必須です![スムーズに進めるには]

産休・育休制度がない職場で働いていると、妊娠が発覚して辞めざるを得ないケースが多いと思います。 ...

出産費用は思ったよりも安かった

予定日超過、陣痛促進剤、無痛分娩、吸引分娩でしたが、思ったよりも安かったです。出産費用について妊娠の...

カラダノートひろば

助成金・給付金の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る