カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

アレルギー

植物油過剰摂取による痒み

 

■油という物は一時期須く身体に悪い物というイメージがありました。
油分が少ない料理がヘルシーとされ、健康に良いとされていましたが、実際には脂質も人の身体に必要な栄養素なのです。


また、油にも様々な種類があり、植物性油脂動物性油脂では全く別物と言っていいほど異なる特徴があります。
そして、身体に与える影響もそれぞれ違うのです。

血中の脂質濃度が上昇することで起こるアトピーも油の種類によってその症状が違います


たとえば植物性油脂の場合は、血液中の不飽和脂肪酸が酸化され、皮膚から漏れ出るときに強い痒みを引き起すのが特徴です。
この痒みをこらえきれずに掻きむしることで湿疹を誘発します。


植物油による痒みと湿疹


1.運動不足などにより血中の脂質濃度が上昇
2.血中の油分が植物性の場合、不飽和脂肪酸が酸化される。
3.皮膚に漏れ出た酸化された油が皮膚に痒みを引き起す
4.痒みを掻きむしることで湿疹


■植物性油脂は、人の体温でも液状を保ち、血液中の油分が増えてもその血流を妨げない健康に良い油として注目されています。


しかし、血流をどろどろにしなくても、全て身体に良いというわけではありません。

このように血中で酸化し、皮膚に痒みをもたらす害もあります。
植物性油だからと猛進することなく適度な量を保つことが重要でしょう。

 

 

(Photo by //www.ashinari.com/2010/03/03-034155.php)

著者: りんごさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

暮らしの工夫に関する記事

二重にアトピーリスクのあるお菓子

  ■多くの現代人が大好きなお菓子は、ついつい食べ過ぎてしまうことも良くあ...

ハウスダストの症状

ハウスダストという言葉を聞いたことがあるという方は多いかもしれません。●ハウスダ...


紫外線や冷房、汗…アトピー性皮膚炎の人が夏に気を付けたいこと

・紫外線紫外線を浴びると、正常な肌の人でも角質層が厚くなり、水分不足となります。...

アトピー対策となる料理法「蒸し」

  ■アトピー対策の上で重要なのが食事ですが、だからといって特殊な食材や調...

カラダノートひろば

暮らしの工夫の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る