カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. つわり(悪阻) >
  4. 食事・飲み物 >
  5. 対処法 >
  6. つわり中に美味しく食べれるパン類!

妊娠・出産

つわり中に美味しく食べれるパン類!

つわり中は、吐き気やムカつきであまり食事ができない、という人が多くいらっしゃいます。しかし、何か口にしないと吐き気がおさまらない、という症状が現れる人も。そんな時は手軽に食べることのできるパンが、つわりの救世主になるかもしれません。

 

今回はつわり中にオススメの「パン類」を紹介します。

 

つわり中に食べたくなる「食べつわり」

つわりと聞くと、「うっ」と吐き気がこみあげてきてトイレに駆け込む、というイメージを持つ人が多いかもしれません。しかし、それは「吐きつわり」といって、つわりの症状のひとつにすぎないのです。他にも、過眠になったり、不安が募りやすくなったりと、いろいろな症状があるつわり。その中でも、空腹になると気持ち悪くなり、少しでも食事をすると吐き気がおさまる、という症状のことを「食べつわり」と言います。

 

食べつわりの場合、空腹を感じると吐き気をもよおすため、ずっと何かを食べ続けなくてはなりません。しかし、ずっと食べ続けてお腹がいっぱいになってしまうとこれもまた、気持ち悪くなってしまうこともあります。そのため、食べる量には注意が必要です。

 

パンは手軽に食べられる

食べつわりは、いつでも何かを食べていたくなります。そんな時はおかしで小腹を満たすのもひとつの手ですが、おかしは量の割にはカロリーが高いものが多いため、食べすぎると体重のコントロールが難しかったり、妊娠糖尿病になってしまったり、と出産へのリスクが上がることに繋がるかもしれません。できれば、しっかりと栄養の摂れる食事をこまめにとるのが望ましいのですが、普通の食事だと手間がかかってしまうもの。

 

その点、パン類は手軽に手でつかんで食べることができて、おかしよりもお腹にたまるものが多くあります。食べる量もプチサイズのパンなら調整しやすいでしょう。また惣菜パンであれば、手軽な上に、栄養も摂れるので一石二鳥です。

 

オススメのパンはサンドイッチ&ブランパン

手軽に食べられるパンですが、できれば菓子パンではなく、惣菜パンを選ぶようにし

ましょう。菓子パンはその名の通り、お菓子のように甘くておいしいパンが多くありますが、栄養素の偏りが大きく、甘い分、おかしと同じようにカロリーが高いものが多くなりがちです。惣菜パンは先に述べた通り、栄養面で多少のカバーができます。そのため、出来れば肉や魚などのたんぱく質と野菜が入っている総菜パンを選ぶようにしてください。

 

サンドイッチだと栄養補給にも

さまざまなものをはさんで、手で簡単に食べることができるサンドイッチ。パンだけを食べるより、栄養補給をすることができ総菜パンと違って自分好みにアレンジも出来るのでオススメです。卵やシーチキンなどタンパク質の具材ともよく合いますし、レタスやキュウリなどのシャキシャキした野菜とも好相性でしょう。つわり中は酸味のきいたもの食べると、つわりがおさまる人も多いため、トマトをはさむのもオススメです。

 

自分で作るのが面倒な人は、コンビニなどで売っているものでOK。ミニサンドイッチセットなどだと、一気に食べる必要がなく少しずつ食べられるので、食べつわりにぴったりかもしれません。

 

ブランパンは便秘対策に

妊娠すると、ホルモンバランスの変化によって便秘になりやすくなる人も。ブランパンは食物繊維が豊富なため、便秘対策に一役買ってくれるかもしれません。また、糖質控えめのものが多いため、普通のパンよりも血糖値の上昇が抑えられ、妊娠糖尿病対策にもなるでしょう。

 

つわり時におすすめのパンの食べ方

こまめに食べる以外にも、食べ方を工夫することで、つわりの軽減に繋がるかもしれません。

 

1.ご飯の匂いがだめな人の主食に

つわり中はご飯炊ける匂いや、あたたかいご飯から出る湯気が受けつけない、という人も。そんな人は思い切って、主食をパンにしてしまうのもいいかもしれません。

 

2.枕元に小さなパンを置いておく

起床時が最も空腹時ですので、起きた時にすぐ口に入れられるように、枕元に一口で食べられるサイズのパンを置いておくと手軽に食べることができます。また、夜、空腹で目が覚めてしまった際も、枕元にあればサッと食べることができますので、つらくなる前に対処できるかもしれません。

 

3.寝る前にパンをつまむ

夕食から就寝するまでの時間が長いと、空腹で気持ちが悪くなり、つわりで寝られなくなるかもしれません。そうなる前に、夜食でパンをつまむと空腹を紛らわすことができ、吐き気を抑えることができるでしょう。しかし、寝る前に食べすぎると太る原因になったり、胃もたれの原因になったりしますので、食べすぎには注意してください。

 

手軽に食べられるパンをうまく取り入れよう

食べつわりの症状もいつか終わりが来るとは言え、つらいものですよね。手軽に食べられるパンをうまく取り入れて、できる限りつわりを軽減して乗り切りましょう!

もちろん、食べすぎは禁物ですので、体重管理にも気をつけてくださいね。

 

(Photo by:https://www.photo-ac.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-08-16掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

対処法に関する記事

香り・冷やす!これで乗り越えよう!つらーいつわり時期の食事や生活

妊娠初期から中期にかけておこるつらいつわり。吐き気や匂いへの嫌悪感でほとんどなに...

つわりの救世主?ビタミンB6の効果ってどんなもの?

つわりの吐き気を止めるため、病院でも使われているのがビタミンB6です。吐き気...

つわり(悪阻)の体験談

吐き気と戦う毎日!これがつわりかぁ~!つわり対策の工夫

妊娠中誰にでもやってくるつわり。 あれって本当に苦しいですよね… 食べ物を食べてしまう「食べづわ...

あれ・・・?気持ち悪くない!やっとつわりが終わった!!ご飯がおいしい~!妊娠5か月で終わった悪阻

過ぎてしまえば、大したことなかったなと。妊娠2か月~5か月まで続いた吐きづわり妊娠が発覚してから、徐...

カラダノートひろば

対処法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る