カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. その他 >
  4. ロコモ(運動器症候群) >
  5. 歩行や移動に必要な運動器が衰える病気「ロコモティブシンドローム」とは?

気になる病気・症状

歩行や移動に必要な運動器が衰える病気「ロコモティブシンドローム」とは?

 

ロコモティブシンドロームは筋肉・関節・骨など歩行や移動に必要な運動器が衰え、要介護やそのリスクが高まる状態を指します。もちろん、突然ロコモティブシンドロームに陥るわけでは

なく、長年の生活習慣や食事なども影響します。早い人で40代から兆候があらわれるようです。

例えば「最近つまづき易くなった」など気になる点はありませんか?

 

・40代以上の女性は骨粗しょう症に要注意

 ロコモティブシンドロームの兆候が40代からあらわれることは

前述の通りです。また、女性は特に注意すべきことがあります。女性は40代位から女性ホルモンの分泌が減少していくためホルモンのバランスが崩れ、骨粗しょう症になりやすいのです。

実際、骨粗しょう症患者の8割は女性であると言われており、骨粗しょう症は寝たきりや要介護状態の大きな原因となっています。

 

・無理なダイエットは危険!運動量を増やそう

ロコモティブシンドロームの予防は運動とバランスの取れた食事が大切です。女性の中には野菜中心の食事で無理なダイエットを行う人もいますが大変危険です。

前述の通り、女性は骨粗しょう症のリスクが高いためにカルシウムをはじめ、バランスの取れた食事が大切です。

ダイエットを行うならば運動量を増やしてバランスの良い食事を心がけましょう。

もちろん、運動自体もロコモティブシンドロームの防止に効果があります。特に脚部の運動は

効果が高く、また消費するエネルギーも多いため効率的なダイエットができるでしょう。

 

(Photo by //www.flickr.com/photos/ec_osaki/6984048035/sizes/m/in/photostream/)

著者: タケ211さん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ロコモ(運動器症候群)に関する記事

多発性硬化症(MS)の治療法とは?

  あまり聞き馴染みの無い病気の名前に【多発性硬化症(MS)】と言われるも...

ロコモティブシンドローム(運動器症候群)の7つのロコチェックとは?

  最近、耳にするロコモティブシンドローム。   ロコモティブシンドロ...


筋肉や骨、関節などの衰えで生活の自由度が低下!ロコモティブシンドロームの予防

将来、寝たきりや要介護状態になることは嫌ですよね。  日本整形外科学会は運...

ロコモティブシンドロームで薬が使われるとしたら、どんな薬が有効なの?

  ロコモティブシンドロームは運動能力の低下、それに伴う介護リスク上昇もしくは...

カラダノートひろば

ロコモ(運動器症候群)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る