カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. アトピー性皮膚炎 >
  4. 基礎知識 >
  5. 脂肪を体外に排出しようとして湿疹がおこる!なぜ?

アレルギー

脂肪を体外に排出しようとして湿疹がおこる!なぜ?

人は動物ですが、動物性脂肪はその人間の健康にとって非常に都合が悪い存在でもあります。その動物性脂肪の体内からの排出について紹介いたします。

 

排出反応

様々なルートで人の体内に入った動物性脂肪はあらゆる手段で体外に出そうという拒絶反応を発生させます。脂肪性の下痢や嘔吐、吹き出物にニキビなど、余分な動物性脂肪を体外に排出するための拒絶反応なのです。

 

アトピー性湿疹

そしてそれには湿疹も含まれます。血液からあふれ出した脂肪分は皮膚を通して体外に排出され、その過程で吹き出物やニキビになりますし、湿疹にもなりやすくなります。

 

脂肪は急激なエネルギー消費のための蓄えであり、そうした蓄えを消費するような運動をしなくなれば、当然蓄えられたままどんどん行き場がなくなっていくのは当然のことです。行き場がなくなり、弱くなった部分の皮膚から強引に漏れ出て、アトピー性の湿疹になってしまうのです。

 

動物性脂肪の排出機能

●脂肪性の脂肪と嘔吐

●脂漏性湿疹、分厚い湿疹

●吹き出物、ニキビ

 

悪化するとどうなる?

体内に動物性脂肪が蓄積されると血液がどろどろになり、酸素供給量が減少してしまいます。悪化すると肌の色が酸素不足の黒い血液の色になり、冷え性や低体温症になるのです。体温が低下してしまえば、凝固しやすい動物性脂肪がさらに固まりやすくなり、血行の悪化がさらに加速する悪循環ともなります。

 

当たり前のことに聞こえるかもしれませんが、動物性脂肪を取り過ぎていると自覚した段階で、意識して脂肪を減らせば、症状はすぐにでも改善するでしょう。

 

「気になる病気・症状」で人気の記事はこちら

●かゆみを伴う赤いブツブツ…症状別にみた湿疹の種類と対策

 

(Photo by //www.ashinari.com/)

著者: りんごさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

ストレスの元を断てばアトピー性皮膚炎が治る?!

  アトピー性皮膚炎はアレルギーの疾患として有名ですが、時には精神的ストレスに...

邪魔な栄養素を身体に排出する?!~アトピー性皮膚炎の原因~

  ■食物から吸収する栄養素はどれも人間の身体を作り、生命活動を維持するた...


過剰な栄養素を排出するルート

  ■人の身体には必要とされる異常の過剰な栄養素を排出するルートがいくつも...

赤ちゃんのアトピー!この原因と、食べものとの関係は?

赤ちゃんのカサカサした赤い湿疹。 「これって乳児湿疹?アトピー性皮膚炎?」 「...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る