カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. アトピー性皮膚炎 >
  4. 暮らしの工夫 >
  5. アトピーを改善するには動物性脂肪の削減を

アレルギー

アトピーを改善するには動物性脂肪の削減を

 

 ■アトピー改善のために動物性脂肪を減らすことは非常に有効なことです。

しかし、だからといって少し前にはやった健康ブームの際にひたすら動物性脂肪を減らすという流行とは全く意味が異なります。


当時は油は危ない、動物性脂肪より植物性油脂の方が安全という説に一辺倒でしたが、現在ではそれが盲信であるということがわかっています。
動物性脂肪にも植物性油脂にも良い面もあれば悪い面もあり、ただ減らせば良いというわけでもないということをまず忘れないようにしなければなりません。



■アトピー改善のための動物性脂肪制限


肉類、乳製品の制限
●肉類など脂肪の少ない部位を選ぶ
脂肪を落とすような調理法を選択
●牛脂やラード、ショートニングなどが添加されている加工食品を避ける
糖質となる炭水化物も過剰に摂取しない


■動物性脂肪は人の体温で固まりやすく、脂肪になりやすく血液の流れを悪くするなど悪い面はたしかにあり、それがアトピーの原因となる事も確かです。


アトピーを改善するために動物性脂肪を減らすというのはたしかに有効となるでしょう。
しかしそれも一時的な処方としておかなくてはなりません。
動物性脂肪を悪者にして、植物性油脂ばかりを摂取したり、油を全く摂取しないようになれば、逆にそれがアトピーを誘発することにもなりかねないのです。

本来脂質は内臓の働きを助け、肌の潤いを保つのに大きく貢献する必要不可欠な栄養素です。

制限もしくは一切の摂取をしないというのはアトピー改善のために一時的に行うだけにしなければいけません。

 

 

(Photo by //www.ashinari.com/2012/01/10-355808.php)

 

著者: すばらさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

暮らしの工夫に関する記事

動物性脂肪と植物性油脂のバランスが崩壊することが原因?~アトピー性皮膚炎の食生活~

  ■油がアトピー原因となる場合、そのほとんどは動物性脂肪と植物性油脂のバ...

ビタミンとミネラル不足で湿疹が起きる?!~アトピー性皮膚炎の食生活~

  ■三大栄養素の過剰を原因としてアトピーとなり湿疹が引き起されるのですが...


お風呂でできる!アトピーケア

  アトピーの痒み、痛みを軽減させるためにお風呂で出来るケアをご紹介します!...

植物油過剰摂取による痒み

  ■油という物は一時期須く身体に悪い物というイメージがありました。油分が...

カラダノートひろば

暮らしの工夫の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る