カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 変形性膝関節症 >
  4. 予防 >
  5. 軟骨が炎症を起こし、更には無くなる?!~膝関節痛となる原因と過程~

関節痛・腰痛

軟骨が炎症を起こし、更には無くなる?!~膝関節痛となる原因と過程~

■膝の重要性

膝は人体で最も重要な関節です。立って座る、歩く、走るなどの生活に必要不可欠な動作に必須なのです。しかしそれ故に、人の身体の重さの負担が重くのしかかります。

 

それらの負担を吸収し和らげる役目をするのが関節の軟骨です。軟骨が骨と骨が直接ぶつかり合うのを防ぐクッションとなってくれます。そして半月板という繊維状の軟骨がサポートする事で、人の柔軟な膝の動きは実現しているのです。

 

軟骨に加えて、骨と骨を繋げる繊維状の靱帯には、膝の負担によりダメージを受けるリスクがあります。そのダメージは年月によって積み重なり、やがては炎症が起こり、膝を腫らし、熱を持ちます。

 

さらに悪化すれば軟骨や靱帯が破壊され、骨と骨同士がすりつぶし合う事態となるのです。こうなっては歩くことも難しくなります。

 

■膝が関節痛となる過程

1.立つ、座る、歩くなどの動作で体重の何倍もの負担が膝の関節にかかる。

2.負担を和らげる役目の軟骨が強すぎる刺激に炎症となる。

3.膝が腫れ、熱を持ち、水がたまるようになる。

4.さらに放置して悪化すると、軟骨自体が破壊されなくなる。

5.間にある軟骨がなくなり、骨と骨同士がぶつかり合い、すり減らしていく。

6.少し動かすだけで関節痛が起こるようになる。

 

膝関節は骨と軟骨、そして靱帯によって支えられています。特に軟骨は人の体重という重いものを動かす際の負担を吸収してくれる役割をしてくれるのです。

 

この軟骨が炎症を起こし、更には無くなってしまうことが関節痛の原因となります。 

(Photo by //www.ashinari.com/)

著者: 沖田さん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

予防に関する記事

歩き方に工夫して膝関節症を予防する

  膝関節症と最も関わりのある動きと言えばやはり『歩行』です。 歩行の仕...

膝の負担を減少するために肥満予防!膝関節症を予防する食事

    膝関節症を予防するための食事にはいくつかのポイントがあります。 ...


人気の「グルコサミン・コンドロイチン」、軟骨の磨り減り抑制効果のエビデンスはある?

サプリメントの中でも人気の高く、膝関節の痛みの緩和に役立つとして有名な「グル...

理想的に体重を減らそう!膝への負担を軽くするダイエット方法と食事方法について

人が二足で立ち上がらなければ生活できない以上、膝への負担が重くなることは避け...

カラダノートひろば

予防の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る