カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 変形性膝関節症 >
  4. 原因 >
  5. 痛みは膝の状態を知る信号

関節痛・腰痛

痛みは膝の状態を知る信号

 

■膝を悪くして痛みを感じると、その痛みを煩わしく感じることは当然でしょう。
今では鎮痛剤など何種類もあり、痛みを抑え、無くすことは難しくありません
しかし、すぐ無くせるからと痛みの本来の役割を忘れてはならないでしょう。

痛みとは人体に備わった危険信号です。
人体にかかる負担が許容量を超え損傷したときに、身体は脳に痛みの信号を送り警告します。
そしてその痛みの信号を受けた脳が、それ以上の負担を避けようと刷るようにできているのです。


鎮痛薬などで痛みを無くしても危険信号が発せられた原因はなくならないことを憶えておかなくてはならないでしょう。


■痛みで膝の状態を判断


●膝の状態を認識するには痛みを正確に把握すること。
筋肉の痛みなら筋の損傷か炎症
骨の痛みなら関節軟骨がすり切れたもの。


筋肉の痛みならば、よほどのものでない限り時間と共に再生するでしょう。
しかしの痛みになっているのならば、すぐに対処が必要となります。
薬で痛みを抑えることも必要でしょうが、何よりも痛みの原因である炎症を鎮めなければならないのです。
この炎症の正確な位置を把握するために痛みは必要な信号なのです。

すこしの痛みで鎮痛薬を使い、痛みに鈍感になってしまえば炎症の位置を把握することは難しく、放置したまま最悪な状態まで悪化することもあり得ます。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2013/01/31-375845.php)

著者: 沖田さん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

原因に関する記事

膝関節症、膝の関節炎は何故起こる?~膝関節の働きと仕組み~

  膝関節症、膝の関節炎などについて知る前に、まずは膝の関節とはどんなふうに出...

膝だけではない!指の変形性関節症!

変形性関節症と聞くと、膝が一般的ですが、実は指の変形性関節症で悩んでいる方が...


脂肪が膝を潰してしまう?!変形性膝関節症になるリスクが上がる肥満

  ■膝にはその人の体重の何倍もの負担が掛かってしまう、リスクが高く重要性...

自覚症状が少ない?膝関節症患者は全国に2000万人以上も!

  膝関節症って滅多なことでかかる病気ではなさそうだし、大丈夫かなと思って...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る