カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. お肌 >
  5. 妊娠中の気になる肌トラブルを解決!肌荒れの原因と予防する対策10箇条

妊娠・出産

妊娠中の気になる肌トラブルを解決!肌荒れの原因と予防する対策10箇条

妊娠するとホルモンのバランスが崩れるために、肌が荒れやすくなるといわれています。妊娠中の肌荒れは産後に続くこともあるので、できれば避けたいもの。

そんな妊娠中の気になる肌荒れの原因や、肌荒れ対策の10箇条をご紹介します。

 

妊娠中の肌荒れ・・・原因は?

妊娠中は、肌荒れが起りやすくなると言われています。体調の悪さに加え、鏡で荒れた肌を見てガッカリ…という人も多いでしょう。

妊娠と肌荒れにはどのような関係があるのでしょうか。

 

1.ホルモンバランスの変化

月経前のホルモンの変化でニキビや吹き出物ができやすいように、妊娠によってホルモンバランスが変化して肌が荒れる場合があります。

皮脂の分泌量が増え、いわゆる「大人ニキビ」ができやすい状態に。

 

2.ビタミン不足

思うように食事が摂れず、ビタミンCやビタミンBが不足して起こる肌荒れです。

 

3.便秘

食事量の減少や、運動不足、水分摂取量が不十分だと、便秘になってしまうかもしれません。便秘によって老廃物が排出されにくい状態が続くと、吹き出物ができやすくなります。

  

他にも、つわりの時にお風呂の湯気で気分が悪くなるので入浴をさっと済ませたり、スキンケア用品の匂いが受け付けない、などの理由から肌のお手入れが行き届かなくなってしまうことも原因になるでしょう。

 

起こりやすい肌荒れの種類

妊娠中は、どんな肌荒れが起こりやすいのでしょうか。

 

・シミ、肝斑

・くすみ

・乾燥

・かゆみ

・毛穴のトラブル(黒ずみ、開き)

・湿疹

・ニキビ、吹き出物

・アレルギー、アトピーの悪化

 

これらの肌トラブルを妊娠中に完璧に改善することは難しいですが、悪化させない為にできることはあります。産後に残さないためにも、しっかりとケアしておきましょう。 

妊娠中の肌荒れの予防・対策

妊娠中の肌荒れを防ぐ、肌荒れの悪化を止める「肌荒れ対策10箇条」を紹介します。

 

1.バランスのよい食事をする

食べられる場合は、バランスのよい献立を考えましょう。

  

2.摂れない栄養はサプリメントで補う

妊婦さんによっては摂取をひかえた方がよい人もいるので、お医者さんに相談してから摂りましょう。

  

3.睡眠をしっかりとる

22時~26時はお肌が生まれ変わる時間です。なるべくその時間に睡眠できるようにしましょう。

しかし、妊娠中は熟睡することが難しくなるかもしれません。そのため上記の時間にかかわらず、寝れるときにしっかりと睡眠をとるようにしてください。

  

4.暴飲暴食をしないようにする

妊娠中は今までのように生活ができず、ストレスがたまることがあるかもしれません。しかし、暴飲暴食で発散すると胃にも負担がかかり、肌荒れを引き起こします。さらには妊娠中毒症を引き起こす可能性も。

   

5.肌にやさしいものを使用する

妊娠中の肌はデリケートです。今まで使っていたスキンケア用品が合わなくなったりすることも少なくありません。肌がピリピリする場合は、直ちに使用をやめましょう。妊娠中は敏感肌用やベビー用、無添加のものに切り替えてみてください。

また、妊娠中のメイクも見直しましょう。化粧品も肌にやさしい敏感肌用がオススメです。

  

6.部屋を加湿する

空気が乾燥しているのは、肌にとって良くない環境です。

風邪予防のためにも、室内に洗濯物や、使用済みのタオルをほしたり、加湿器を使用したりしましょう。部屋の湿度は40~60%が適切といわれています。

 

7.紫外線対策をする

妊娠中はシミになりやすいので、日焼け止めを使うようにしましょう。

化粧品と同じく、肌にやさしい、低刺激な日焼け止めを選んで下さい。

 

8.保湿する

赤ちゃんに水分がとられるため、お肌は乾燥しがち。しっかり保湿をしてあげましょう。

 

9.水分を摂る

お肌が身体の中から乾かないよう、水分を適度に摂ることも大切です。

 

10.ストレスを溜めないようにする

妊娠するしないにかかわらず、ストレスはお肌の大敵。ストレスで切迫流産や切迫早産が起こることもあるので、妊娠中は特にストレスがたまらないような生活を心がけましょう。適度にリフレッシュすることが大切です。

  

肌荒れは時間がたてば治る

栄養バランスなどは、つわりが去ってから整えればOK。そしてつわりが終わり、食事量が増えれば便秘も解消されます。そして、どれだけケアをしても出てしまう肌荒れは、つわりと同じように、「通り過ぎるのを待つ」のもひとつの手かもしれません。

妊娠中の肌荒れの多くがホルモンバランスの影響なので、出産後から次第に治ることも多いでしょう。

 

【体験談Pick Up】みんなのお肌のトラブル対策法

投稿者:まなみ さん 20代

私も極度の乾燥肌で、 初期から中期にかけて肌荒れがすごく、 今まで使っていた化粧水類が全て合わなくなり、 保湿重視の少し良いものに変えました(._.)! そしたら、しばらくするとすごく改善されました(っ*´∀`*)っ 食べ物や、睡眠ももちろん大切ですが スキンケアを変えるのも有りだとおもいます!(一部抜粋)

 

投稿者:Nami さん 20代 私も妊娠して 肌荒れなどひどくて 困ってました(´・ω・`) 色々聞いたり、調べたら 妊娠中体質など ホルモンバランスが崩れるので 仕方ないみたいです(>_<) あとわ便秘だったり 睡眠なども関係するみたいです(;.;) 私わとりあえず 睡眠をいっぱい取ってます(^-^*)(一部抜粋)

 

妊娠中に肌のお手入れを怠ると産後に影響する可能性が...

妊娠中は自分の体調で手一杯になりがちですが、肌のお手入れを怠ると、産後は赤ちゃんのお世話でさらにお肌の手入れができなることも。

つわりが終わったらお手入れを再開して、肌荒れを最小限に抑えて乗り切りましょう!

  

(Photo by:https://www.photo-ac.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-05-24掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

お肌に関する記事

妊娠中でもキレイにしたい!ちょっとした外出の際にオススメな妊婦さんメイク☆

妊娠してからすっぴんで過ごしている妊婦さんは、多いかもしれません。 またはつわ...

妊婦さんのお肌は敏感!妊娠中に気を付けたい夏の肌トラブルと対策法3選

妊娠中でなくとも女性は夏になると、肌のトラブルで悩みますよね。 特に妊娠中は皮...

トラブルの体験談

おっぱいマッサージ

10年振り、3人目を妊娠中です。 35週を迎え、完母が目標な事から、おっぱいマッサージを開始しまし...

妊娠中の子宮がん検診。「Ⅲa」で再検査

妊娠したら必ず行われる子宮がん検診。 1人目の時に「Ⅲa」で再検査。 2人目の時は「Ⅱ」で問題な...

カラダノートひろば

お肌の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る