カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 幼児食 >
  4. 子供の好き嫌いをなくしたい人必見!1~4歳児の好き嫌い改善方法

育児

子供の好き嫌いをなくしたい人必見!1~4歳児の好き嫌い改善方法

a1620_000489.jpg
子供の好き嫌いは今のうちになくしてあげたい…そんな人は多いはず。
今回は子どもの好き嫌いをなくす方法をご紹介します。

 

好き嫌いが出てくる1~4歳児の食事

1歳前後の赤ちゃんは、口当たりがよければ野菜や肉を含め、何でも食べる傾向があります。
しかし1歳を過ぎると、味や色そして食べ物の形に敏感になってくるため、今まで食べていた物を好まなくなることもあります。

 

突然の子供の好き嫌いに不安になったり、軽いパニックを起こしてしまう親もいるようですが、いろいろなものの区別が出来るようになった証拠で悪いことではありません。
むしろ喜ばしいことで、これも成長の一過程だと分かっていると余裕を持つことが出来ます。

 

どうやったら食べてくれるの?

1歳児に限ったことではありませんが、食べ物の形や大きさを変えたり、調理法や味付けを変えるだけで食べてくれることもあります。
例えば、小さい子供は軟らかいものが好きだと思い込みがちですが、少し歯ごたえがあった方がよく食べてくれる場合もあります。
野菜なども煮込んだり茹でたりするだけでなく、炒め物や生野菜のままで出してみるのも手!
歯の本数や口の大きさを考慮して、一口大に切ったり、刻んだりしましょう。

 

ルーチンが好きな1~4歳児の食事

3~4歳くらいまでは、新しい物に興味を示すより、避けたがる様子も見られます。
同じパターンのくり返しの方が安心する年齢であることを、理解しておくと対応しやすいはずです。食べ物も同じです。
馴染みのある食べ物を好み、いわゆる「ばっかり食べ」も見られます。
しかしこれも成長の一過程なのであんまり神経質にならなくて大丈夫。

 

1歳児の場合

1歳児の場合は、慣れない食品やあまり好まない食品を先に食べさせ、その後子供が好む物を十分に与えます。
お腹が空いていれば慣れない料理でも割と食べてくれるはずです。

 

1歳後半~4歳の場合

1歳後半~4歳の場合は、空腹時に慣れないものを与えても、手をつけないケースも出てくると思います。慣れない食材・料理はごく少量のみを皿に取り分けましょう。
もし口にしないようでしたら、強要はせず食卓に何度も出し続けましょう。子供は大人の真似をします。
大抵の場合は、大人がおいしそうに食べているのをくり返し見ているうちに、自然に口にするようになります。

 

時には料理に忍ばせて…

食材を隠すのは食育面からあまりよくないという人もいますが、食材に慣れるまでは何でもあり!
一部の食材を混ぜて分からないようにし、残りは形を残しておくものよし。

 

一時期偏食があっても、毎日楽しい食卓を囲んでいれば食べられるようになります。
肩の力を抜いて食育しましょう!
この時期に「野菜嫌い」などと決め付けないようにしましょう。慣れていないだけです。

 

意地っ張りな2~4歳児の食事

自立心が芽生える頃です。
親が言うこととまったく逆のことをしたがる様子も見られます。
無理に食べさせようとすると逆に意地を張って嫌がることもあります。
無理して食べさせられているうちに「これは無理して食べる嫌いな食べ物」という概念が定着してしまう可能性も。

 

無理に食べさせずに「あら、これとってもおいしいわ~」と言ってポジティブな印象を与えておきましょう。
しかし、出された食事はある程度食べられるように食育をしたいもの。
上にも書きましたが、慣れていない食材はごく少量に留め、大半は食べれるように食事の内容を調整しましょう。

 

2~4歳児は人のものには興味がある!?利用しよう

何度も食事に出しているのに食べない場合は……
「ママこれ大好きだからもらっていい?」と言ってみるのも1つの手。
いつもちょうだいと言われると、逆に興味がわいてきて口にする子もいるはず。

 

また、子供のお皿には一切とりわけず、大人だけが物凄くおいしそうにして食べているとつい欲しくなる子もいます。
「これは大きいママとパパだけが食べるのよ。とってもおいしいわ。」などと言うと
「ぼくも大きいからちょうだい」と言ってくるかもしれません。

 

他の子供たちと一緒に食べる機会を作るのもいいですし、
外食して雰囲気を換えるのも手段の1つでしょう。

 

(photo by http://www.ashinari.com/) 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

幼児食に関する記事

見た目だけじゃなく中身も大事!園児のお弁当の正しい量・栄養バランスを知ろう

お子さんが幼稚園や保育園に通うようになったら、お弁当生活がスタートする可能性が...

幼児食を作るときに注意したい調味料の使い方!香辛料、料理酒は使ってもOK?

離乳食の期間が終わり幼児食へ移行するとき、よく食べる子であれば大人のものを欲...

幼児食の体験談

アレルギっ子に☆米粉とバナナのパンケーキ

小麦、卵、乳製品の食べられない息子に! 米粉で作ってみました!【材料】米粉…100g ベーキング...

美味しい手作りおやつ!

子どものおやつって、悩みませんか? 小さい時は、朝の10時におやつ、15時におやつ、と規則正しいリ...

カラダノートひろば

幼児食の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る