カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 感染症 >
  5. 妊娠中の感染に注意する

妊娠・出産

妊娠中の感染に注意する

お母さんの体と赤ちゃんの体はつながっています。

そのため、妊娠中の方は『赤ちゃんのためにもたくさん食べないと』と言われることも良くあります。

 

妊娠中の感染

妊娠中、お母さんが何かの病気にかかるとそれが赤ちゃんに影響を及ぼすことがあります。

このことから、妊娠中の感染症には極力注意した方がよいと言えます。

特に、今まで感染したことのないものに妊娠中感染してしまうと胎児に影響が大きいようです。

一般的な風邪やインフルエンザなどの感染症にも注意が必要ですが、今までかかったことのない感染症が多い方はより気を付けなければなりません。 

 

風疹 

妊娠4-5か月までに風疹にかかると、赤ちゃんが緑内障になったり心臓疾患になったりします。

これを先天性風疹症候群と呼んでいます。

全ての子が先天性風疹症候群にかかるというわけではありませんが、やはりリスクはあります。

風疹にかかっていないことがわかったら、妊娠前に予防接種を受けることをお勧めします。

予防接種から3ヶ月以上経過したら、妊娠の準備が整います。 

 

GBS(B群溶血性連鎖球菌) 

B群溶血性連鎖球菌というのは、女性の膣内にいる細菌です。

赤ちゃんにB群溶血性連鎖球菌が感染すると、敗血症などを起こす可能性があります。

このB群溶血性連鎖球菌は母体には影響のない細菌です。 

 

妊娠中の感染症対策 

妊娠中は普段よりも気を付けて感染症対策を行ってください。

寒さ、暑さなど温度には注意し、食事は出来るだけバランスよく摂りましょう。

また、ストレス解消も免疫力をつけるために大事です。

 

(Photo by http://www.ac-illust.com/main/detail.php?id=15271) 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

感染症に関する記事

妊婦が風邪を引いたら?胎児への影響、飲んでもOKな薬って?

妊娠中は通常よりも免疫力が落ちていますから、感染症にいつも以上に気をつけている妊...

妊娠中のつわりと嘔吐下痢症をまちがえないで!それは妊娠症状?ノロウイルス?

妊娠初期の下痢には、吐き気や嘔吐を伴うものがあります。つわりで食べ物を受けつけな...

トラブルの体験談

おっぱいマッサージ

10年振り、3人目を妊娠中です。 35週を迎え、完母が目標な事から、おっぱいマッサージを開始しまし...

妊娠中の子宮がん検診。「Ⅲa」で再検査

妊娠したら必ず行われる子宮がん検診。 1人目の時に「Ⅲa」で再検査。 2人目の時は「Ⅱ」で問題な...

カラダノートひろば

感染症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る