カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 変形性膝関節症 >
  4. 原因 >
  5. 脚の形がO脚の方は注意が必要!?関節症になるリスクが高い人とは

関節痛・腰痛

脚の形がO脚の方は注意が必要!?関節症になるリスクが高い人とは

 

■同じ人でも顔や身長が違うように、脚の形も異なります。
膝と膝の間隔の広さによってO脚とX脚とに分かれます。
どちらもそれぞれ膝痛になるリスクがありますが、よりリスクが高いのがO脚です。

膝と膝の間隔が開くO脚体重の負担が膝の内側に集中してしまい、うつ側の軟骨がより早く消耗しすり減ってしまうのです。
これは特に男性に多く、O脚を矯正せずに放置しておくと内側の軟骨が早期にすり減り関節症となってしまいます。

 


■O脚とX脚


●O脚
膝の内側が圧迫され軟骨の消耗が激しい。
軟骨がすり減り関節症になりやすい


●X脚
軟骨ではなく筋肉に負担が掛かり筋が痛みやすくなる。


■O脚は二足歩行の人間にとって負担の掛かりやすい脚の形です。
すぐに不調になるわけでもないので多くの人がそのまま放置しています。

しかしその負担は確実に積み重なり、正常な脚の形の人よりも早く関節症になってしまう可能性が高いのです。

脚の形は矯正することが可能です。
勿論手術で手っ取り早く矯正することも不可能ではありませんが、それは最後の手段として、早期の矯正は地道なストレッチ普段の姿勢を意識して整え、長い時間をかけて矯正する方が無難でしょう。


O脚の傾きを修正するよう脚底が傾いている靴など矯正グッズなども開発されています。

 

 

(Photo by //www.ashinari.com/2011/11/20-353060.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

肥満だと膝関節症のリスクがあがる!?体重の負担と膝関節症

    膝関節症と肥満については以前から関係性が研究されてきました。そし...

膝に水が溜まるってどんな状態?

  膝関節症の症状のひとつが膝に水がたまるというものです。膝の水を抜く治療...


‘内側型・外側型・膝蓋型’症状によって違う3つの膝関節症

  膝関節症は中高年に多い病気です。最近膝が痛くて、なんていう声を身近に聞...

関節軟骨に影響を与える?膝関節にある関節液の役割について

  膝関節には関節液や関節軟骨があります。   ●関節液の役割は? 膝関節にあ...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る