カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 事故予防・安全 >
  4. 幼児の成長や発達に重要な外遊び!外遊びでママが気を付けたいこと

育児・子供の病気

幼児の成長や発達に重要な外遊び!外遊びでママが気を付けたいこと

a1180_006217.jpg
幼児の外遊びは成長や発達にとても重要な意味があります。
でも、外遊びには危険もつきものですから、対策や注意が必要です。

・日差しの強い時期の外遊びでは、帽子をかぶり、日焼け止めを使いましょう

途中で休憩を摂り、水分補給することも大切です。
最近は紫外線や熱中症対策として、首の後ろまで日よけがついている帽子がいいでしょう。

・外遊び中は、子どもから目を離さないようにしましょう

公園の遊具に衣服のヒモが引っ掛かって窒息したり、
遊具の高いところから落下する事故もあります。
草丈が高くて先が見えず、幼児が水田や川に落ちた例もあります。

水場で遊ぶ場合は特に注意し、素足で水に入れるのか、サンダルや靴をはいて水に入るのかを確かめてから遊びましょう。

・外遊びしている子どもを連れ去ったり、無差別に害を加えたりする人もいます

残念なことですが、事実です。
子どもが公園の外へ飛び出して、交通事故に合ってしまうこともあります。
ママ同士が話しこんでいる間に、子どもの姿を見失ってしまわないよう、気を付けてくださいね。
自分の子供ばかりでなく、近くで遊んでいる他の子供にもある程度、目を配ってあげることです。
探検ごっこや秘密基地作りなどと言って小さい子供は何かと物陰や暗がりへ入って行きたがるもの。
その子の親が目を離したちょっとの合間が、取り返しのつかない悲劇のはじまりになってしまうこともありえないとは言えないのです。
こどもが自分で身を守れるようになるまでは、大人が目を離さないようにすることが大切です。
(photo by //www.ashinari.com/2012/10/09-371723.php ) 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

事故予防・安全に関する記事

「環境の工夫・安全教育・運動能力」子どもの事故を防ぐために

子どもは発達段階にあり、何でも興味を示します。それ故に、大人よりも子どもの方が...

不慮の事故・意識消失を防ぐ!子供が窒息しやすい原因とは?

1歳未満の子供の事故で多い窒息。発達の過程の中で、口で確かめて認知するために...

事故予防・安全の体験談

4ヶ月で寝返りはじめ、ベッドから転落‼︎

あれは4ヶ月を過ぎた頃でした。少し前からうつ伏せをよくするようになり、まだそんなに動けないのに「フン...

毎晩欠かさず生存確認

息子を出産したクリニックから、退院時にプレゼントされた聴診器です。 私が出産したクリニックでは、赤...

カラダノートひろば

事故予防・安全の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る