カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. 目の病気・症状 >
  5. 増え続ける子どもの近視

育児

増え続ける子どもの近視

最近、眼鏡の子が増えてきているなと思った方もいるかもしれません。

近視の子ども年々は増えていることがわかっています。

 

近視割合の増加

文部科学省の調査によって、子どもの目はどんどん悪くなっていることがわかりました。裸眼視力が1.0以下の子どもは、2005年には11歳児で37-38%、15歳児では80%を超えます。

 

同じ調査を1965年に行った時には、裸眼視力が1.0以下の11歳児は18-19%、15歳児でも40%に満たない程度でした。

このことから、近年、子どもの目は悪くなっているといえます。

 

近視はいつまでも続く?

人にもよりますが、基本的には高校生ぐらいまでに近視の進行は止まると言われています。近視は小学校入学くらいから徐々に進行し、中学生でも進行します。そして高校生で頭打ちというイメージです。

 

近視の原因

どうして近視になるかという詳しい原因はわかっていません。

遺伝的な要素もあるので、親が近視の場合は子どもも近視になる可能性が高いです。

 

目の健康は普段の生活とも関係しています。携帯電話やパソコンゲーム等に慣れてしまっているため、現在の子どもには近視の子が多いのではないかとする研究者もいます。

他に部屋の明るさ、姿勢なども近視と関わりの深い環境要因です。

 

眼鏡で近視はある程度矯正できますが、普段の環境にも気を配って近視を進行させない努力も必要です。

(Photo by http://www.ashinari.com/2009/04/15-016960.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-05-22掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

目の病気・症状に関する記事

目のメラニンが少ないってどんな状態?治療はできる?付き合い方は?

光をとり入れる眼にはメラニン色素がたくさんあります。 メラニン色素の元々少...

乳幼児・幼児が逆さまつげで手術をすることになったら…手術をするタイミングは?

赤ちゃんのころは、「逆さまつげ」で目の中にまつ毛が入っていても、成長と共に自...

病気と症状の体験談

脂漏性湿疹のケア~保湿が大切、私が使った保湿剤

1ヶ月過ぎたあたりから、赤ちゃんのおでこや眉毛部分に黄色いかさぶたが付着するようになりました。 ...

RSウイルスで入院

入院中(>_<)生後すぐ、まさかの入院出産し、晴れて母子共に退院してから数日後…生後10日くらいで、...

目の病気・症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る