カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

育児・子供の病気

増え続ける子どもの近視

最近、眼鏡の子が増えてきているなと思った方もいるかもしれません。

近視の子ども年々は増えていることがわかっています。

 

近視割合の増加

文部科学省の調査によって、子どもの目はどんどん悪くなっていることがわかりました。裸眼視力が1.0以下の子どもは、2005年には11歳児で37-38%、15歳児では80%を超えます。

 

同じ調査を1965年に行った時には、裸眼視力が1.0以下の11歳児は18-19%、15歳児でも40%に満たない程度でした。

このことから、近年、子どもの目は悪くなっているといえます。

 

近視はいつまでも続く?

人にもよりますが、基本的には高校生ぐらいまでに近視の進行は止まると言われています。近視は小学校入学くらいから徐々に進行し、中学生でも進行します。そして高校生で頭打ちというイメージです。

 

近視の原因

どうして近視になるかという詳しい原因はわかっていません。

遺伝的な要素もあるので、親が近視の場合は子どもも近視になる可能性が高いです。

 

目の健康は普段の生活とも関係しています。携帯電話やパソコンゲーム等に慣れてしまっているため、現在の子どもには近視の子が多いのではないかとする研究者もいます。

他に部屋の明るさ、姿勢なども近視と関わりの深い環境要因です。

 

眼鏡で近視はある程度矯正できますが、普段の環境にも気を配って近視を進行させない努力も必要です。

(Photo by //www.ashinari.com/2009/04/15-016960.php)

著者: ライプニッツさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

目の病気・症状に関する記事

子どもがかかりやすい!「ものもらい」の種類と対処法

 ものもらいはまぶたが赤く腫れ、痛みやかゆみを伴う目の病気です。 地域によ...

ただの目やにとあなどらないで!赤ちゃんの先天性鼻涙管閉塞とは?

鼻涙管閉塞(びるいかんへいそく)という病気をご存知ですか?   赤ちゃんの目や...

目の病気・症状の体験談

初めての救急車

赤ちゃんて、目や鼻に指が入ろうが顔をゴシゴシとこすりますよね。 我が家の子もよくゴシゴシこすっ...

生後5か月の娘のものもらい!対処方法

先日、娘がものもらいになりました。 前日までは何もなかったのに、朝起きたら右目の上まぶたのところに...

カラダノートひろば

目の病気・症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る