カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 変形性膝関節症 >
  4. 原因 >
  5. 脚のねじれが関節痛のリスクとなる

関節痛・腰痛

脚のねじれが関節痛のリスクとなる

■両脚は、人が二足で立っている限り常に負担の掛かる部分です。

そのため姿勢のゆがみや、激しい運動などで極端な負担が掛かれば脚の形はゆがんでしまうことがあり得ます。


一度ゆがんでしまえば、ゆがみに常に負担が掛かり矯正することは難しく、徐々に悪化するばかりになるのです。
これがさらなる膝の負担となり関節痛のリスクを高めてしまいます

大腿骨などの脚のねじれは、歩いたり走ったりするときに膝関節に余計な負担が生まれることになります。
特に女性に多く見られ、早期に発見し矯正するのが望ましいでしょう。


■脚のねじれの見つけ方


座り方によって判別できる
1.脚のねじれが少ないあぐらをかきやすい
2.脚のねじれが大きいと、あぐらがかきにくく横座りが楽になる。


■この脚のねじれを見つけるには、あぐらをかくのが最も簡単な方法です。
あぐらをかきやすい脚の形はねじれが少なく、横座りの方が楽だという人がねじれが大きい人となります。


また、子供の頃からあぐらをかく練習をしていると、ねじれを予防することに繋がるのです。

最初は小さなねじれでも、長期に渡ってねじれに負担が掛かり続ければ自然とねじれが大きくなってしまいます。
できる限り早期にねじれを発見し、あぐらをかく練習や、ストレッチなどをして正しい脚の形を取り戻す事が、将来の関節痛予防となるのです。

 

 

(Photo by //pixabay.com/static/uploads/photo/2012/02/23/08/51/computer-15812_640.jpg?i)

著者: 沖田さん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

痛みは膝の状態を知る信号

  ■膝を悪くして痛みを感じると、その痛みを煩わしく感じることは当然でしょ...

脚の形がO脚の方は注意が必要!?関節症になるリスクが高い人とは

  ■同じ人でも顔や身長が違うように、脚の形も異なります。膝と膝の間隔の広...


膝関節症の症状~痛み・曲がらない・太くなる・O脚~

  膝関節症の症状のうち、代表的な5つの症状について見ていきます。   ●痛み...

‘内側型・外側型・膝蓋型’症状によって違う3つの膝関節症

  膝関節症は中高年に多い病気です。最近膝が痛くて、なんていう声を身近に聞...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る