カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 変形性膝関節症 >
  4. 原因 >
  5. 脂肪が膝を潰してしまう?!変形性膝関節症になるリスクが上がる肥満

関節痛・腰痛

脂肪が膝を潰してしまう?!変形性膝関節症になるリスクが上がる肥満

 

■膝にはその人の体重の何倍もの負担が掛かってしまう、リスクが高く重要性の高い関節と言えます。
その人の体重が重いからと、それだけでリスクが高いというのは間違いです。


人の身体を構成するのは骨と筋肉と脂肪です。

身体が重くてもそれを支える筋肉が多ければ、骨である関節にかかる負担は軽くなるはずなのです。

体重の膝への負担が高くなるのは、筋肉よりも死亡の割合の高いいわゆる肥満体がリスクを高くする要因となります。


肥満の人は体重を支える筋肉の量が少なく、脂肪では支えられないために、関節への負担が高くなるのです。

そのため、関節軟骨がすり減る速度が加速し、通常の体重の人よりも関節痛となるリスクがあることになります。


また、肥満はO脚の原因ともなり、肥満とO脚が合わされば、相乗効果でさらにリスクを高めてしまうことになるのです。


■肥満とO脚の関節痛リスク


筋肉よりも脂肪が多い肥満体は体重を支えきれず、関節に負担が強く掛かる。
●肥満体となるとその重さで脚の形がO脚に
●O脚により肥満体の体重が膝の内側に集中し、軟骨の消耗がさらに激しくなる。


■肥満体が膝を痛める原因であるのですが、膝の痛みが肥満の原因ともなる事もあります。
肥満体でなくても膝を痛めれば、歩くこともつらくなり自然と運動量が減少してしまいます。


運動量が減少しても、人は普段の食事量を変えることは少なく、膝痛になった後に急速に太ってしまう人が多いのです。
そうなると肥満体となり膝の負担がさらに強まり、痛みがさらに悪化する悪循環となるでしょう。

 

 

(Photo by //www.ashinari.com/2011/09/10-350222.php)

著者: 沖田さん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

軟骨は骨よりも先に出来きる?~軟骨と骨の違いについて~

  膝関節症を語る上で欠かせない存在が軟骨です。膝関節には関節軟骨というものが...

膝関節症と慢性関節リウマチの違いは?それぞれの治療法について

  歩くたびに膝が痛む、正座などができなくなったとなると膝関節症を疑う方も...


膝関節症、膝の関節炎は何故起こる?~膝関節の働きと仕組み~

  膝関節症、膝の関節炎などについて知る前に、まずは膝の関節とはどんなふうに出...

症状が進行すると普通に歩いてるだけで痛みを感じる!?変形性ひざ関節症の症状とは

関節の軟骨の退行や変性によって二次性の滑膜炎などを引きおこし、徐々に関節の破...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る