カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. >
  5. 口内炎で痛がる子への対処法

育児

口内炎で痛がる子への対処法

 

子どもがかかる口内炎のほとんどは一過性のものです。
一過性とは言えども痛みはあるのが口内炎の辛いところで、口内炎のせいで泣いてしまう子もいます。


●口内炎の痛みとは


口内炎の痛みは誰もが一度は体験したことがあるはずです。
口の中が落ち着かず、何か食べるとすぐにピリっとした痛みが襲ってきます。
大人であれば『また口内炎ができちゃったな』と思うくらいで我慢出来ますが、子どもの場合は痛みから泣き出す子もいるくらいです。


●水分摂取、刺激物NG


子どもが口内炎で痛がっている場合は、まず水分を与えてみてください。
食事がなかなか摂取できなくても、水分が摂取できていれば体力が少しは持ちます。
でもよいですが子どもが好きなジューススポーツドリンクなどでも良いです。
水分に慣れて来たら、固形よりも少し柔らかいゼリー果物を与えてみてください。
おかゆ豆腐なども柔らかいのでお勧めです。
逆にNGなのは刺激物です。
唐辛子の入ったものはもちろん、その子によってはしょう油ソースでも激しく痛みを感じる場合があります。
味の薄いもの、常温のものを中心に与えてください。


●こんなときは病院へ


口いっぱいに口内炎が広がっている口内炎で水分摂取もままならないという時は病院へ行ってください。
また、口内炎とともに発熱嘔吐がみられるときも病院に行った方がよいでしょう。

 

(Photo by http://www.ashinari.com/2009/09/06-027506.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

口に関する記事

幼児期に特徴的な口の病気 粘液嚢胞・舌小帯強直症など…

幼児期の子供は、乳児期と比べてもより一層様々な病気に罹りやすくなります。では...

乳児期にみられる口の病気 上皮真珠・先天歯・リガ・フェーデ病

子供の口の病気は虫歯だけではありません。まだ歯が生えていない乳児期においても、...

病気と症状の体験談

正月に発熱~病院も正月休みで初めての救急へ~

娘が12月中旬に一度風邪をひき、薬を飲ませ完治。年末年始にまた風邪を引くことはないだろうと思っていま...

1歳1か月で、突発性湿疹になりました

我が家の三女、1歳1か月 先日、ついに突発になりました~高熱が4日間!!先日、我が家の三女が突...

カラダノートひろば

口の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る