カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

気になる病気・症状

掌蹠膿疱症の漢方治療

 

とても厄介な皮膚病である掌蹠膿疱症をご存じでしょうか?掌蹠膿疱症とは手のひらや足の裏に膿のような膿疱ができる慢性の皮膚疾患なのですが、難治性で治療が難しいとされています。痒みや痛みを伴う場合もあり、皮膚だけの問題ではなく関節炎を引き起こすこともあります。一般的な治療法としてステロイド外用薬が用いられる場合も多いのですが、完治が難しく、長期的な使用による副腎機能低下などの副作用が懸念されます。

 

・掌蹠膿疱症を含めて皮膚疾患は体調のバロメーター

 

掌蹠膿疱症を含め皮膚疾患を発症したり、皮膚の状態が悪化する場合は体調不良を伴う場合が多いようです。

寝不足や便秘、疲労によって肌が荒れたり、むくんだりすることからも、皮膚といものが、体調によって調子が出やすいものだということが分かるのではないでしょうか?

 

・対症療法と原因療法

 

疾患に対して、表面的な症状の消失・緩和を目的とした治療を行うことを対症療法と言います。先述したステロイド外用薬による治療が良い例です。

一方、疾患の根底にある原因に対してアプローチを行い、完治を目指すことを原因療法と言います。漢方治療を代表とする伝統医学などが良い例です。

 

・漢方治療による体質改善が効果的

 

原因療法である漢方治療は体調不良や体質に起因する疾患に高い成果をあげると言われており、掌蹠膿疱症に対しても成果をあげてきました。

また、疾患の根底にある体調不良の原因や体質は千差万別であることから、オーダーメイドの治療を確立できる漢方療は掌蹠膿疱症や皮膚疾患に適した治療法と言えるようです。

使用する漢方薬は患者それぞれの体質や疾患の原因を見極めながら選定します。

また、病院によっては漢方外来を行っているところもあります。健康保険の適用もありますので一度相談してみることをお勧めします。

 

様々な治療法がありますが、自分にあった治療法を見つけるまでが大変です。根気強く治療していく必要があります。


(Photo by //www.flickr.com/photos/fukapon/5201003171/sizes/m/in/photostream/ )

著者: タケ211さん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

掌蹠膿疱症に関する記事

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の原因は金属アレルギー?!

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)とは、皮膚科特定疾患に指定されている、...

妊娠中に強いかゆみを伴う水疱ができたら?

妊娠中は、胎児の排出する毒素を胎盤を通して母体が受け取り、処理していかなけれ...


ビオチン欠乏から自己免疫疾患が発症?!『ビオチン療法』とは

ビオチンは、近年『掌蹠膿疱症』を治療できる物質として、実際にクリニックで処方薬...

掌蹠膿疱症と間違えやすい病気

  手のひらや足の裏などに無菌の膿のような膿疱ができる病気です。症状が改善...

カラダノートひろば

掌蹠膿疱症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る