カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

女性のカラダの悩み

1回で感染率30%!淋菌感染症とは??

 

女性が自分の身を守るのも、性感染症予防には大切です。

男性で罹っている方が多く、女性にも感染する危険がある病気はたくさんあります。

その中でも、特に有名なもの。

 

それが、「淋菌感染症」です!

淋菌って、読めますか?「りんきん」と読みます(笑)

菌の名前で、この淋菌が悪さをします。 

淋菌感染症は男性に多く、精液(女性の場合は膣分泌液)から感染します。

特に、オーラルセックスによる感染が多いようですね。

 

この病気の怖いところ、それが感染率!

感染率が高く、1回のセックスで約30%!

持っている相手とのSEXによって、30%の確率でうつってしまいます。

女性の発症した時の症状だけでなく、男性の症状にも注意して、予防していかなければいけませんね。

 

<男性の症状>

尿道からの分泌物(膿)

○精巣(金玉)の腫れ

○発熱

 

見た目としては、尿道からの分泌物が一番わかりやすいでしょう。

おちんちんの先から白っぽい粘り気のあるものが出ていたら、疑った方がいいかもしれません。

出ているのは膿ですから、少し悪臭がする場合もあります。

「もしかして・・・?」と思ったら、SEXは控え、自分への感染を防ぎましょう。 

もしも感染してしまった場合、女性ではこのような症状が出来てきます。

 

<女性の症状>

○おりものの増加

○不正出血

○下腹部の痛み

○性交痛

 

女性器への病気だけでなく、尿道炎なども併発することがあります。

女性の場合、子宮外妊娠や不妊症の原因にもなりますから、変だな?と思ったら病院を受診しましょう。

淋菌感染症の場合、1~7日間の抗生物質の投与でほとんどの場合は治ります。

恥ずかしがらずに早めに病院へ行ってくださいね。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2012/03/04-358670.php)

著者: Calmenさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

淋菌感染症に関する記事

淋病:セックス時の出血で見つかる性感染症

淋病は、クラミジア症とともに感染が多い性感染症であることをご存知でしょうか。淋...

あまり知られていないけど意外と多い「淋菌性膣炎」

淋菌性膣炎は淋病とも言い、昔から知られている性感染症のひとつです。一時期は抗生...


男性に多い”淋病”は女性にも感染する!

淋病(りんびょう) 淋しいという漢字と病で「淋病」です。 「淋病」は男性に多い...

カラダノートひろば

淋菌感染症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る