カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 成長の目安 >
  4. 3歳以上 >
  5. 動作・行動 >
  6. ストレスに強い子にするために

育児・子供の病気

ストレスに強い子にするために

 

ストレスに弱い子は小さなことでも悩んでしまいますし、ストレス性の病気を発症しやすいです。

そこで、ストレスに強い子に育てたいと考える親御さんも当然います。

 

●ストレスに強い子を産む

 

ストレスに強い子どもを産むための方法として、コリンを摂取するというものがあります。

これはアメリカのコーネル大学で研究されたもので、ストレスホルモンコルチゾールを産生しにくい体質を作るためにコリンが有効であると証明されました。

妊婦のうちにコリンを摂取していた人とそうでない人の子どもでは、コルチゾールの産生量に3割程度の違いがみられました。

コリンは牛乳などに含まれています。

なお、コーネル大学の研究者はこの研究結果を『可能性のひとつ』としており、絶対的にコリンがよい、コリンには全く何の問題もないという立場には立っていません。

今後の研究によってさらにストレスホルモンとコリンの関係が明らかになると考えられます。

 

●ストレスに強い子どもを育てる

 

環境によって子どもの性格が決まっていく部分も大きいです。

環境要因は親がある程度整えてあげることも可能です。

ストレスに強い子どもを育てるには、失敗体験成功体験の両方が必要と言われています。

失敗したらそこから立ち上がるための経験を積むことができますし、成功したら自信をつけることができます。

失敗にしても成功にしても、『お母さん/お父さんはちゃんと君を見ているよ』という安心感を与えることが大切です。

また、子育ての中でネガティブな言葉をあまり言わないという親御さんも多いです。

物事をポジティブにとらえる姿勢を子どもが親から学ぶからです。

 

(Photo by //www.ac-illust.com/main/detail.php?id=27251)

著者: カントさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

動作・行動に関する記事

子どもは生まれつきO脚?

  脚の形は出来れば綺麗な方がいいですね。脚をきれいに魅せられない原因のひ...

自己主張の表れ!?3歳児のわがままへの対応のポイント!

1歳後半ぐらいから「イヤイヤ!」であったり「自分で!」だったりと、自己主張が...

動作・行動の体験談

イヤイヤ大魔王との戦い。

我が家の息子のイヤイヤ期は、2歳半からはじまり、イヤイヤ怪獣になったのがそのころです。 3歳直前か...

人見知りする?しない?

現在、幼稚園年少と2歳児の2人の娘っ子の育児奮闘中です! 長女と次女では、性格って全然違うものなん...

カラダノートひろば

動作・行動の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る