カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 股関節 >
  4. 原因 >
  5. 生まれ持つ骨の形が股関節症の原因に

関節痛・腰痛

生まれ持つ骨の形が股関節症の原因に

 

■赤ん坊としてこの世に生まれたその時の骨の形が、将来の変形性股関節症になる原因となる場合があります。


股関節の構造は非常に精密です。

その精密な関節が成長と共に大きくなるのですから、最初はほんの小さなひずみでも、最終的には致命的な大きさに成長することに繋がります。

最初は股関節のかみ合いが少しずれているだけでも、成長と共に脱臼にまでなる発達性股関節脱臼は女の赤ちゃんに圧倒的に多く、大腿骨の骨頭が収まる骨盤のくぼみが浅くできてしまうと、大腿骨が不安定となる場合も、成長と共に変形が起こりやすくなる臼蓋形成不全なります。


どちらも最初はたいしたことは無く、成長することによって股関節症となるリスクが高まっていくのです。

 


■生まれ持つ股関節症のリスク


1.発達性股関節脱臼
●股関節がうまくかみ合っておらず関節がずれた状態
女の赤ちゃんに圧倒的多い
育児指導などによって発生や悪化を予防
加齢に伴って痛みや変形が強くなる


2.臼蓋形成不全
●大腿骨の骨頭が収まる骨盤のくぼみが浅い
大腿骨が不安定
股関節に痛みや変形が起こりやすい


■一人一人の人間が違う顔に生まれるように、骨格や体つきもかなり違って生まれてくるのです。
関節としての機能に支障が出るほど違って生まれてくることはまれですが、決してあり得ないわけではありません。


赤ん坊の頃から股関節症となるリスクを抱えて生まれてきた子供のためにできることは、できる限り早期にそのリスクを把握して適切な対応を速やかに取ってあげることだと思われます。

 

 

(Photo by //pixabay.com/static/uploads/photo/2012/03/01/01/42/baby-20339_640.jpg?i)

著者: roseさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

変形性股関節症は老化とともに

  ■人の身体をつなぎ支える股関節は非常に大饗性がありますが、それでも ...

細菌によって発生する股関節炎

  関節痛を伴う関節炎は摩耗や損傷だけでなく、細菌に感染し化膿することによ...


スポーツで起こる「恥骨炎」ってなんだ?強い衝撃でも弱い衝撃でも原因になります!

  サッカー日本代表の長谷部選手が、長期離脱とされている原因が「恥骨炎」だそう...

治療には我慢が必要?スポーツ選手に起こる「恥骨炎」の治療は長い目で考えるのが大事!

スポーツは健康に良いですが、やはり体をいじめる側面があるのか、痛みなどを生じ...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る