カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 感染症 >
  4. コレラ >
  5. 海外旅行で気を付けたい感染症「コレラ」

気になる病気・症状

海外旅行で気を付けたい感染症「コレラ」

 

 

 

厚生労働省はホームページで海外旅行者に対して気を付けるべき感染症を紹介しています。その中でも世界各地で感染の危険性があり、特に注意すべき感染症としてコレラをあげています。

 

コレラとは?

 

コレラとはコレラ菌の経口感染により起こる伝染病です。

汚染された水や食物が主な感染源となっており、胃の酸によって死滅しなかった菌が小腸で増殖することで発症します。

2~3日程度の潜伏期間を経て発症します。

 

症状が軽い場合には軟便や下痢を引き起こします。

重症の場合は1日に数十回に及ぶ「米のとぎ汁のような便」を排出します。

このため、脱水症状や低カリウム血症を引き起こして死に至ることもあります。

 

 

コレラの予防法

 

コレラは不衛生な環境下での経口感染がほとんどです。

流行している地域や危険と思われる地域では以下のことに気をつけましょう。

 

・生もの(十分に加熱していない魚介類や肉類、サラダなど)

・アイスクリーム

・生水や氷(生水を凍らせたもの)

 

以上の食品の摂食を控えて体調維持に努めましょう。

また、不衛生な水道水によって洗浄された食器類や食物も感染源となるため、注意が必要です。

 

コレラワクチンを取り扱っている医療機関もありますので、コレラが流行している国へ渡航する方は相談してみましょう。

 

ただし、コレラワクチンは国内未承認であるため、信頼のおける医療機関に相談のうえ接種することが必要です。

 

 

コレラの治療法

 

コレラの治療については以下が主な治療法になります。

 

大量に失われた水分と電解質を補給する対症療法

 

●重症患者の場合

 抗生物質による治療が行われます。

 

 一般的に旅行者がコレラに感染する確率は低いと言われていますが、発展途上国など衛生設備が不十分な国では注意することが必要でしょう。

 

 

 

(Photo by //www.flickr.com/photos/kuzyoken/2154339356/sizes/m/in/photostream/)

 

 

著者: タケ211さん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

コレラに関する記事

コレラは顔に出る?コレラ顔貌とは

  自分や周囲の人がコレラかどうか判断するにはいくつかのわかりやすい特徴があり...

海外でコレラにかかったらどうする?

  コレラは日本国内でかかるよりも海外でかかる方が圧倒的に多い病気と言われてい...


危険!コレラにかかると下痢で体内が酸性に偏る?「代謝性アシドーシス」

     コレラはコレラ菌に汚染された食品や水を摂取することによって起こる感...

東南アジアやアフリカ渡航前に要チェック!コレラワクチンについて

  歴史の教科書などでもおなじみの感染症といえばコレラです。コレラは経口感染に...

カラダノートひろば

コレラの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る