カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 感染症 >
  4. マラリア >
  5. 海外旅行で気を付けたい感染症「マラリア」の症状とは?

気になる病気・症状

海外旅行で気を付けたい感染症「マラリア」の症状とは?

 

厚生労働省はホームページで海外旅行者に対して気を付けるべき感染症を紹介しています。

その中でも熱帯、亜熱帯地域で感染の危険性があり、特に注意すべき感染症としてマラリアをあげています。


・マラリアとは?

マラリアはハマダラカという「蚊」に媒介されるマラリア原虫により感染します。

マラリア原虫には熱帯熱マラリア原虫、三日熱マラリア原虫、四日熱マラリア原虫、卵形マラリア原虫の種類があり、感染した原虫により症状などが異なります。

最も多い症状は発熱や悪寒であり、頭痛や吐き気、関節痛を伴う場合があります。

どの原虫によるマラリアも発症すると40度近い高熱を出して比較的短時間で熱が下がり、そしてまた発熱するといったサイクルを繰り返します。


・一番怖いのは熱帯熱マラリア

マラリアの中で一番怖いのは熱帯熱マラリアです。熱帯熱マラリアは未治療の場合、急速に悪化するとともに脳マラリアなどの合併症を発症する場合があります。脳マラリアは意識障害や言語障害などの神経症状が現れ、数日で死に至る危険な疾患です。また、未治療の熱帯熱マラリアは急性腎不全や重度の貧血なども併発します。


・マラリアの予防法

マラリアの予防法は第一に「蚊」に刺されないための対策が効果的です。虫よけスプレーや長袖の衣類を持参しましょう。

マラリアには予防内服薬もあります。熱帯熱マラリアが流行している地域への渡航をする場合などは検討すると良いでしょう。

熱帯、亜熱帯地方ではマラリア以外にも「蚊」を媒介とした感染症があることから十分な対策を心がけましょう。


・マラリアの治療法

マラリアを発症した場合、抗マラリア製剤を経口投与します。数日間で症状が軽くなるのですが、中途で服用をやめると再発するので注意が必要です。

 

マラリアは風邪にも似た症状が出るので比較的軽視されやすい疾患です。

一方、熱帯熱マラリアが大変恐ろしいことは前述した通りですから、高熱が出た場合などは必ず医療機関を受診しましょう。


(Photo by //www.flickr.com/photos/canadapenguin/2522876915/sizes/m/in/photostream/ )

著者: タケ211さん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

マラリアに関する記事

中南米由来の感染症『シャーガス病』とは?

    シャーガス病感染のリスクは、輸血した血球の種類によって異なる?  ...

マラリア危険地域に行く前に 知っておきたい「スタンバイ治療」とは

  東南アジア、南アジア、オセアニア、アフリカ、中南米などマラリアの流行地の中...


マラリアはワクチンが未完成 回復には早期発見・早期治療がキーワード

  感染症であるマラリアは、その種類によっては死亡する危険性もある病気です。し...

死亡の可能性もある恐ろしい感染症 マラリアと熱帯熱マラリアの症状

  マラリアはハマダラカという種類の蚊に刺されることによってマラリア原虫が体内...

カラダノートひろば

マラリアの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る