カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肺・気管支 >
  4. PM2.5 >
  5. 黄砂や花粉に付着して浮遊する?~PM2.5の濃度分布と対策~

気になる病気・症状

黄砂や花粉に付着して浮遊する?~PM2.5の濃度分布と対策~

 

最近、毎日のようにニュースでPM2.5濃度の観測データや情報が放送されています。

PM2.5についておさらいしましょう。


PM2.5は大気中を漂う2.5㎛(1㎛=0.001mm)以下の粒子で、鼻や口から人体に取り込まれ、肺の奥深くまで到達するため、肺がん呼吸器系疾患循環器までの影響が懸念されています。

ディーゼル車の排気ガスや焼却炉、ボイラーなどが主な排出元と言われています。


・PM2.5の基準濃度と最近の濃度

国内PM2.5の基準濃度は「1年間の平均値が15μg/㎥」かつ「1日の平均値が35μg/㎥」と定められています。例えば、東京都の昨年、今年のデータによると2~3月は都内1日の平均で15μg/㎥程度です。2003年のディーゼル車規制など、環境対策によりPM2.5の濃度は低下傾向にあったのですが、近年では中国の経済発展に伴いPM2.5の飛来が増加、濃度も上昇しているようです。


・PM2.5濃度を気にかけよう

PM2.5濃度は場所や時間などで刻々と変化していきます。各地方公共団体は大気汚染防止法に基づき、全国で500か所以上の場所でPM2.5の常時観測を行っています。

また、PM2.5を含む大気汚染物質濃度の測定値は環境省の大気汚染物質広域監視システム(通称:そらまめ君)や各都道府県のホームページで公開されています。

PM2.5は黄砂や花粉に付着して浮遊する性質もあるため、春に濃度が上がる傾向があり、今後の汚染について心配されています。


天気予報や花粉予報以外にもPM2.5の濃度にも気を配りましょう。

(Photo by //www.flickr.com/photos/44534236@N00/4754075058/sizes/m/in/photostream/)

著者: タケ211さん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

PM2.5に関する記事

PM2.5は家の中でも危険

  最近、中国から運ばれるPM2.5が問題になっていますね。   人体に入ると...

PM2.5や黄砂の喉あれ対策におすすめのグッズや食べ物

PM2.5や黄砂など、微細な塵は人間の鼻や喉の粘膜に影響を与えることがあります...


中国のPM2.5による汚染が深刻化!原因や中国の取り組み

    中国からのPM2.5による大気汚染がまた深刻になってきているようです。 ...

お出かけ時のPM2.5対策

  毎日ニュースなどで話題になっているPM2.5。最近ではスギ花粉と同等以...

カラダノートひろば

PM2.5の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る