カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 関節リウマチ >
  4. 原因 >
  5. 女性は関節リウマチになりやすい?!女性ホルモンとリウマチ

関節痛・腰痛

女性は関節リウマチになりやすい?!女性ホルモンとリウマチ

 

関節リウマチの患者の男女比を見てみると、女性8割くらいいるということがわかります。
男性に比べて女性は3-4倍関節リウマチになりやすいと言われています。
その理由を見ていきます。

●女性と男性の免疫機能


女性と男性の免疫機能は違います。
というのも女性はお腹の中で赤ちゃんを育てられるように体が作られているからです。
どちらかといえば、男性よりも女性の方が免疫機能が複雑と言われることもあります。

●女性ホルモンの影響


女性にも男性にも女性ホルモンはありますが、その分泌量が違います。
女性の方が男性よりもはるかに多く女性ホルモンが分泌されています。
そして、女性ホルモンの中には、免疫機能への影響を持つホルモンもあります。
よく聞く『エストロゲン』という成分は、免疫機能を高める働きがあります。
特に自己免疫反応=自分の体の一部を異物として除去しようとする働きを高めることで知られています。

●出産後に突然リウマチに?


関節リウマチの患者の中には、出産してからいきなりリウマチになったという方もいます。
実は出産後は自己免疫反応が一気に高まるときだと言われています。
胎児がお腹の中にいるときには、自己免疫反応が弱まります。
その理由は


・胎児を異物としてとらえないため
・自分の体の一部を異物ととらえると、胎児の成長に影響を及ぼすため

 

と考えられます。

妊娠中にはアレルギーの治療にも使われるステロイドが自然と増加することもわかっています。
一方で、出産してしまうと今度は自分の体をしっかり守らなければなりません。
そのため、自己免疫機能が高まり関節リウマチなどを引き起こしやすい状態となります。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2012/12/31-374623.php)

著者: かりょうてんさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

膝などの関節の痛みの原因はリウマチ?関節リウマチの特徴と原因

  「指や、手首そして膝などの左右両方に腫れや痛みがある…」 「安静にし...

関節リウマチの痛みの原因は「滑膜の炎症」にあった?関節の仕組みと働き

  ◆痛みの原因は「炎症」 関節リウマチの特徴として関節の腫れや痛みと言...


リウマチになりやすい遺伝子がある!

  遺伝子の研究は日々、進んでいます。人間とサルの遺伝子の違い、特定の病気...

リウマチの原因は人種によって違う?

  関節リウマチとは手足の関節が変形したり、関節の腫れによって痛みが起きる...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る