カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 関節リウマチ >
  4. 検査・治療 >
  5. リウマチ患者の3割は体が動かなくなる?

関節痛・腰痛

リウマチ患者の3割は体が動かなくなる?

 

リウマチの末期症状は骨と骨がくっつきます
すでに関節としての役割は果たせなくなっており、形も大分いびつになっています。
膝の骨にしても指の骨にしても、自分の力で以前のように動かすことは不可能です

●末期のリウマチになる人は3割?


リウマチには2タイプあると言われています。
まず1つが軽度のまま小康状態を保っていくタイプ、そしてもう1つが症状が進行するタイプです。
軽度のまま小康状態を保つタイプがリウマチ患者の7割と言われています。
そして残りの3割は症状が進行するタイプということになります。
このことから、3割の患者は末期のリウマチになる『可能性』があると言えます。

●必ずしも末期リウマチになるわけではない!


注意したいのは『進行するリウマチ』が『末期リウマチ』に必ずつながるわけではないということです。
確かに軽度のまま小康状態を保つタイプに比べると末期リウマチになる可能性は圧倒的に高いです。
ですが早期発見で進行を遅らせることは出来ます。
万が一進行するタイプのリウマチだったときのためにも、早期発見は大事なポイントと言えるでしょう。

●進行性リウマチの治療は?


進行性のリウマチの治療は症状を進行させないことにつきます。
疼痛管理などストレスを緩和させて少しでも暮らしやすさを向上させること、そして初期から中期へ、中期から後期へとステージを悪化させないことが重要です。
気付いたのが遅く、すでに日常生活に影響を大きく及ぼしている場合などに手術が行われることもあります。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2013/01/31-375850.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

検査・治療に関する記事

関節リウマチで肩の手術をするときの手術の流れ

  関節リウマチは手指や手首といった「手のまわり」に症状が現れやすいことは皆さ...

関節リウマチの痛みを抑える薬~消炎鎮痛薬、抗リウマチ薬、ステロイド、生物学的製剤~

  関節に持続性のある炎症が生じることで腫れや痛みを伴い、最終的には関節が...


抗リウマチ薬アザルフィジン服用時の注意

抗リウマチ薬アザルフィジンが処方されたときに、注意したいことがいくつかあります...

リウマチの血液検査で注目すべき値って何?

  患者さんの症状や所見や関節リウマチが疑われた場合には、様々な検査をして診断...

カラダノートひろば

検査・治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る