カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

女性のカラダの悩み

【豆知識!】性感染症の予防法Part1

 

いろんな原因で感染する性感染症、だれもがかかる危険性を持っています。

でも、病気にはなるべくなりたくないもの。

では、効果的な予防法って一体なんでしょう??

今特に言われている「3大予防法」をお話します。

 

その1.NO SEX

これらは一般的に言われていることです。

性感染症はSEXによって感染する、あるいは感染させてしまう病気ですから、「NO SEX」を守れば感染することはありません

今は中学生でもSEXなんて当たり前の時代ですから、性感染症もそれにともなって若年化しています。

SEX自体は、悪いことではありません。

むしろ、パートナーとの絆を深める素敵な行為です。

だからこそ、安全に行うためにも正しい知識を身につけてくださいね

 

 

その2.特定の相手にする

性感染症は、不特定多数の男性と関係を持つことで、感染するリスクが高まります。

今はAIDSの啓発活動などでも言われていますが、今の彼氏は知っていても、その人の元彼女やその前の彼女、あるいはワンナイトラブの相手が病気を持っているかどうかなんて分かりませんよね?

どんな人でも病気を持っている可能性があるとしたら、その相手が数多くなることによって、自分も巻き込まれてしまうかもしれません。

ですから、特定の大切な相手とのSEXを大切にすれば、もしも感染してしまったときだって、誰から感染したのか分かりやすいですね。

因みにこれは犯人探しではなくて、相手の健康と将来のためを考えて、検査にすすめるためにも大切です。

もしかしたら相手は感染してるけど無症状・・・なんてこともありますから。

 

その3.コンドームを使用する

性感染症の多くは、これで防ぐことができます。

主に患部と接触することで感染しますから、コンドームを使用すれば直接接触する機会はグッと減ります。

因みに、オーラルセックスの時もコンドームは着けていてくださいね。

男性のおちんちんに患部があり、女性の口に移してしまう可能性もあるからです。

今は女性の為にいろんな味が楽しめるコンドームも売っていますから、お試しあれ(笑)

 

この3大予防法だけでなく、他にもいろんな身を守る技があります。

Part2もありますので、是非読んでみてくださいね!

 

(Photo by //www.ashinari.com/2012/02/06-357402.php?category=48)

 

著者: Calmenさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

予防に関する記事

増え続ける10代の性病…望まない妊娠や性病を止めるためには?

   10代の性病について   よいことにつけても、悪いことにつけても早熟傾向...

コンドーム、ちゃんと使ってる?世界のコンドーム事情と日本での使用率

STDの予防には、コンドームの使用がとても大切です。患部や精液との接触を防いで...


女性の性病(STD)の予防法!コンドームの正しい使い方、知ってますか?

放っておくとこんな危険が! STDは種類によっては再発を繰り返したり、なか...

性病(STD)を予防できるワクチンはあるの?

  病気の予防といえばやはりワクチンがまず最初に思いつきますよね。子供の内にさ...

カラダノートひろば

予防の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る