カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 変形性膝関節症 >
  4. 症状 >
  5. 高い尿酸値が原因ではない?!変形性膝関節症と合併する「偽痛風」

関節痛・腰痛

高い尿酸値が原因ではない?!変形性膝関節症と合併する「偽痛風」

 

■痛風には症状が似た違う病名の偽痛風という紛らわしい病気があります。
その偽痛風は多くの場合変形性膝関節症と合併する病気です。
その原因が尿酸値ではないので血液検査をすればすぐに違いがわかります。

偽痛風は症状は痛風に似てはいますが、血液中の尿酸値は正常です。
原因はピロリン酸カルシウムの結晶が関節に沈着することによって起こります。


発作は夜間でも関係なく起こり、安静にしていても激しく痛む可能性があります。

その発作は、かなりストレスによって誘発されることがわかっています。

 


■痛風と偽痛風の違い


●偽痛風は変形性膝関節症と合併することが多い
●偽痛風の原因は尿酸値ではなく、ピロリン酸カルシウム
●血液検査や関節液の結晶の種類を調べることで違いが判明


■痛風と症状が似ていても、その原因は明確に違うので、誤診などせず入念に診断してもらい、違いをはっきりさせておく必要があります。


偽痛風の痛みを抑えるのにヒストロイド性消炎鎮痛薬を用い炎症を抑えます。

また、炎症によってたまった関節を抜いてアルロン酸を注入するなどする治療も有効です。
ヒアルロン酸は人体に無害であり、炎症によって壊れた関節の負担を和らげてくれます。


変形性膝関節症と合併している場合は、そちらの治療と同時並行で治療が行われることとなります。

 

 

(Photo by //www.ashinari.com/2009/07/18-024438.php)

著者: うにさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

変形性関節症の特有の症状~動き始めは痛いけど、じょじょに痛みが消えていく!

    変形性関節症にはある特有の症状があります。 それは動き始めがズキっ...

変形性関節症の症状とは? その膝の痛み、軟骨が擦り減っているからかもしれません!

膝軟骨、あまり聞きなれない言葉ですがしっかりとした役目があります。 その「...


変形性膝関節症の症状はどんなものがあるの?

     変形性膝関節症では老化や肥満によって膝関節の軟骨がすり減って関節の...

変形性膝関節症~膝に水が貯まるのはなんで? 膝の炎症の原因

     変形性膝関節症の2大症状といえば、膝の痛みと水がたまることです。 ...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る