カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 基礎知識 >
  4. 検査・治療 >
  5. 痛む足腰でも通える整形外科を

関節痛・腰痛

痛む足腰でも通える整形外科を

 

■膝や股関節などを痛めてしまうと足腰に負担をかける動作が難しくなります。


しかし痛めた関節を治すには長期の整形外科への通院が必要となるでしょう。
整形外科までの通院はどうしても痛んだ足腰で実行しなくてはなりません。


ですが、あまりに足腰に負担を強いては、疾患が治療する時期を遅らせてしまうことにつながるでしょう。
できるかぎり足腰に負担をかけずに通院できる病院を選ぶのが第一です。

最近は日本のあちこちでもバリアフリーの試みがなされ、公共の交通機関など手すりなどが完備されるようになっています。
手すりがあるかなしか、段差があるかないかで足腰への負担は大違いです。


そうした足腰に負担をかけないルートを確立し、足腰を痛めずに通院できるようにすれば、治療の効果も最大限に受けることができるようになるでしょう。


■足腰に負担をかけない通院のポイント


●できる限り歩く距離を短くする
●可能ならば車などで通院(自転車は負担となる)
●電車やバスなどは楽に座れる時間帯
●移動ルートにバリアフリーのあるルートを組み入れる



■せっかくの治療の効果を台無しにしないように通院手段を吟味することは重要です。


しかし、何よりも重要なのはその病院に信頼できる医者がいるかどうかと言うことが最重要であることを忘れてはいけません。
本当に信頼でき、気軽に相談できる医者ならば、少し無理しても通院する価値はあるかもしれないのです。

 

 

(Photo by //www.ashinari.com/2008/11/12-010213.php)



著者: うにさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

検査・治療に関する記事

ヒアルロン酸を摂取でつらーい関節痛を緩和!

中高年になりと膝などの関節部位が痛みます。経験された方も多いはずです。本来人...

膝関節軟骨損傷の再生医療『自家培養軟骨移植術』とは?

スポーツや事故などによって膝軟骨が損傷する例は昔から多くありますが、その治療法...


中高年だけではない!運動をしている人にもよくある!運動後に起きるひざの痛みの治療法とは

  運動は体に良いことを知っていても、いざ運動すると膝が痛んでしまって中止、と...

抗炎症作用に特化した鎮痛薬「CoxII阻害薬」!~関節症の薬物治療~

  ■関節症の治療に用いる非ステロイド系消炎鎮痛薬は、痛み止めのためだけに...

カラダノートひろば

検査・治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る