カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 基礎知識 >
  4. 検査・治療 >
  5. 関節症の痛みをコントロールする非ステロイド系消炎鎮痛薬「NSAIDs」とは

関節痛・腰痛

関節症の痛みをコントロールする非ステロイド系消炎鎮痛薬「NSAIDs」とは

 

■激しい関節の痛みに使われる痛み止め、非ステロイド系消炎鎮痛薬の中で最もよく使われるのがNSAIDsです。
NSAIDsや非ステロイドと聞いてもぴんとこないかもしれませんが、誰もがよく知る湿布薬に使われる痛み止めと聞くと身近に感じるのではないでしょうか。


これは外用薬として塗布することで皮膚からの痛み止めとして使われていますが、服用したり坐薬として使うことで効き目の持続時間や痛み止め効果が少し変化するのです。

湿布は炎症を起こしている患部に皮膚から浸透して痛みを和らげてくれますが、内服薬は胃腸から吸収されることでより長い時間効果が持続します。

そして坐薬は、口や胃を通ることなく直接直腸に薬が吸収されるので即効性が加わるのです。

 


■NSAIDsの形態


内服薬
口から入り、胃や腸で吸収されることで効果が持続的に現れる。
胃腸障害などの副作用もある。


外用薬
湿布や塗布によって痛みの患部に直接浸透、効果が届きやすい
皮膚に異常が現れる場合も。


坐薬
即効性で効果が現れる。
副作用も少なく済む。


■このNSAIDsという痛み止めは、炎症を抑える作用もありますが、痛みを和らげることがあくまで主目的です。
関節症の痛みが持続する場合でも痛み止めを計画的に使用すれば、日常生活を問題なく送ることも可能です。


スポーツ選手などは、慢性的に関節に痛みを抱えており、こうした痛み止めによって痛みをコントロールしつつ競技を行っています。

 

 

(Photo by //pixabay.com/static/uploads/photo/2012/10/05/01/38/first-aid-kit-59646_640.jpg?i)

著者: うにさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

検査・治療に関する記事

早いうちからケアを!ひざの痛みを緩和する3つの治療法を知っておこう

  変形性膝関節症や運動による一時的な筋肉の疲れからも膝の痛みは発生します。 ...

O脚を治す高位脛骨骨切り術とは?~変形性膝関節症の治療~

  ■膝と膝の間隔が広いO脚は変形性膝関節症によってなる場合があり、更には...


抗炎症作用に特化した鎮痛薬「CoxII阻害薬」!~関節症の薬物治療~

  ■関節症の治療に用いる非ステロイド系消炎鎮痛薬は、痛み止めのためだけに...

中高年だけではない!運動をしている人にもよくある!運動後に起きるひざの痛みの治療法とは

  運動は体に良いことを知っていても、いざ運動すると膝が痛んでしまって中止、と...

カラダノートひろば

検査・治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る