カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. COPD >
  4. 基礎知識 >
  5. 油断は禁物!COPD(慢性閉塞性肺疾患)の主な症状

生活習慣病

油断は禁物!COPD(慢性閉塞性肺疾患)の主な症状

 

慢性呼吸器疾患の代表的なひとつである「COPD(慢性閉塞性肺疾患」。

死よりも恐ろしい病気、といわれるほど、重症化すると怖い病気です。

 

○ COPDとは…

COPDとは、これまで肺気腫、および慢性気管支炎と呼ばれていた病気の総称です。

肺の各部に炎症がおこり、呼吸がし辛く、そしてできなくなっていきます。

せきやたん、息切れなど日ごろありがちな症状から始まり、最終的には低酸素状態に陥るため、全身の臓器に影響が表れ、世界で年間300万人が亡くなるといわれています。

 

こんな恐ろしい病気、どんな症状を示すのでしょうか?

 

○ よくある症状からスタート~せき・たん

 

・風邪でもないのに、せきやたんが続く

・坂道、階段を上ると息苦しい

・同じぐらいの年齢の人が歩くのについていけない

・ずっと体調が悪い、風邪がなかなか治らない

 

どれも、ありふれた珍しくない症状です。

これこそが、COPDの最も怖いところ。

 

気をつけるべきは、「長引く症状」です

 

 

○ 進行すると…

COPDが進行すると、坂道のときだけだった息切れが、平らな場所でも、そして会話や着替えといった日常の動きでも、と進行します。

最終的には寝ているときにまで呼吸がしにくくなり、呼吸不全・心不全といった重篤な症状を引き起こします。

 

○ 肺・呼吸器系だけではない

COPDが怖いのは、肺・呼吸器系の症状だけではないこと。肺胞をはじめとする肺の各部の炎症や、肺胞が破壊され低酸素血症となり、全身の臓器に影響が及びます。

全身の炎症、心臓・血管系の疾患、骨粗鬆症、糖尿病…数え上げればきりがありません。日本人の死因の第10位ともいわれ、早めの対策が必要となります。

 

  

特に、喫煙歴のある40歳以上の方は要注意

せき・たんが多い、息切れするなどの症状がある方は、早めに呼吸器専門医に相談するよう、啓発運動が行われています。

 

(photo by://www.ashinari.com/2009/11/21-030619.php)

著者: suzuさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

肺の生活習慣病「COPD」で呼吸が苦しくなる原因とは

  近年CMなどで耳にすることも増えた「COPD」は、タバコが主な原因である肺...

COPDは遺伝するの? COPDの遺伝的因子について

慢性閉塞性肺疾患であるCOPDは、男性に多い肺の病気ですが、具体的にはどのよ...


COPDと併せておこりやすい症状、病気とは

  COPDは肺の病気ですが、他の病気にもかかっているケースも多いようです...

喫煙が主な原因!肺が壊れていく病気COPDの症状

  COPDは、かつて肺気腫や慢性気管支炎と区分されていた病気が一つの病気とさ...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る