カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. COPD >
  4. 基礎知識 >
  5. COPD(慢性閉塞性肺疾患)の主な原因

生活習慣病

COPD(慢性閉塞性肺疾患)の主な原因

 

 

COPD(慢性閉塞性肺疾患」という病気をご存知ですか?

死よりも恐ろしい病気、といわれるほど、重症化すると命にかかわる、恐ろしい病気です。

 

○ COPDとは…

COPDとは、これまで肺気腫、および慢性気管支炎と呼ばれていた病気の総称です。

肺の各部に炎症がおこり、呼吸がし辛く、そしてできなくなっていきます。

せきやたん、息切れなど日ごろありがちな症状から始まり、最終的には低酸素状態に陥るため、全身の臓器に影響が表れ、世界で年間300万人が亡くなるといわれています。

 

こんな恐ろしい病気、どんな原因でかかるのでしょうか?

 

○ COPDの原因

「たばこ病」という別名から明らかで、90%以上は喫煙が原因です。

 

ちなみに、喫煙には受動喫煙も含まれるので、自己責任~なんて仰る方は注意。

 

非喫煙者に比べて、喫煙者の発症リスクは6倍にも及ぶとか、喫煙者の15%がCOPDを発症、高齢者に限ると半数以上、なんてデータもあります。

 

そのほかにも、木材や石炭による室内暖房・調理、大気汚染、職業や環境による化学物質や粉じんの吸入、小児期の肺炎・気管支炎なども原因となります。

アスベストやPM2.5、なんて、よくニュースで話題になる物質も、原因のひとつと考えられます。

 

 

これらが肺に入ることで、肺のガス交換を行う肺胞が破壊されたり気道の炎症が起き、COPDが発症します。

 

○ 徐々に進行するCOPDと急性増悪

COPDは、一度かかると進行し続けます

せきやたん、息切れがどんどん酷くなり、日常生活に影響を及ぼすようになります。、

さらに、風邪をひくなどの結果、ますます症状が重くなり、さらに風邪をひくと…、と、坂道を転げ落ちるように重症化していきます。

これが、急性増悪と呼ばれる現象。COPDの特徴です。

 

残念ながら、一度COPDにかかると、肺や気管支などの呼吸器系が完全に元の状態には戻りません

 

ただ、禁煙や様々な薬物治療や運動療法などを行うことで、

病気の進行を遅らせたり、症状を緩和したりすることが可能です。

 

長期の治療になることも多いですが、信頼できる呼吸器系の医師とともに、のぞみましょう。

 

 <Photo by //www.ashinari.com/2010/06/23-338123.php>

著者: suzuさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

COPD(肺気腫・慢性気管支炎)の治療方法

    COPD(肺気腫・慢性気管支炎)の治療としては、症状を軽減させつつ、健...

日本に500万人以上の患者が?!COPDってどのような病気なの?

COPDとは慢性閉塞性肺疾患のことで、タバコの煙や排気ガスなどに含まれる有害...


肺の生活習慣病?!COPD(慢性閉塞性肺疾患)の診断基準とは

   COPDは日本語では慢性閉塞性肺疾患と呼ばれ、近年問題となってきてい...

COPDは遺伝するの? COPDの遺伝的因子について

慢性閉塞性肺疾患であるCOPDは、男性に多い肺の病気ですが、具体的にはどのよ...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る