カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. COPD >
  4. 基礎知識 >
  5. COPD(慢性閉塞性肺疾患)の主な治療法

生活習慣病

COPD(慢性閉塞性肺疾患)の主な治療法

 

慢性呼吸器疾患の代表的なひとつである「COPD(慢性閉塞性肺疾患」。

死よりも恐ろしい病気、といわれるほど、重症化すると怖い病気です。

 

○ COPDとは…

COPDとは、これまで肺気腫、および慢性気管支炎と呼ばれていた病気の総称です。

肺の各部に炎症がおこり、呼吸がし辛く、そしてできなくなっていきます。

 

せきやたん、息切れなど日ごろありがちな症状から始まり、最終的には低酸素状態に陥るため、全身の臓器に影響が表れ、世界で年間300万人が亡くなるといわれています。

 

恐ろしい病気ではありますが、かかってしまった場合は、早めの治療が重要です。

実際、どんな治療法がメジャーなのでしょうか。

 

 

○ なにはともあれ【禁煙】

「タバコ病」ですから、タバコをやめましょう。まず第一歩です。

 

禁煙治療は、ニコチン依存症に対する治療と診断されるので、保険が適用されます。

禁煙外来を行っている病院をインターネットで検索できますので、医師とともに強い意志で取り組みましょう。

 

 

○ ワクチン接種

COPDになると、感染症が重症化しやすくなります

そして、COPDが増悪、さらに感染症にかかりやすく…と、スパイラルのごとく重症化の坂を転げ落ちていきます。

 

インフルエンザワクチン肺炎球菌ワクチンなどの増悪を防ぐワクチンの接種がおすすめです。

 

特にインフルエンザワクチンは、たとえかかったとしても重症化を防ぎ、結果COPDの増悪も防ぐことができます。

 

 

○ 酸素療法

肺・呼吸器系の機能低下により、体に必要な酸素が取り込めなくなります。

そのため、常に酸素を十分量吸えるように、在宅酸素療法を行うことがあります。

 

[極めて高度の気流閉塞]にあたる、重症化した患者にたいして行われます。

 

 

○ 増悪期の管理

せき・たん、呼吸困難などの症状が、短期間で急激に悪化することがあります。

風邪をひいたりしたときはもちろん、たんが増えたり、粘りが増えたりと、いつもと違う症状が現れたら、すぐ受診しましょう。

 

 

適切な対応をとって、症状を和らげたいですね。

 

<Photo by //www.ashinari.com/2011/07/19-348511.php?category=393>

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

油断は禁物!COPD(慢性閉塞性肺疾患)の主な症状

  慢性呼吸器疾患の代表的なひとつである「COPD(慢性閉塞性肺疾患」。 死よ...

喫煙は肺の機能を大幅に低下させる!COPDの治療の際の生活習慣

  COPDは日本語にすると慢性閉塞性肺疾患と言います。COPDは肺の生活...


COPDの治療と共に大切なこと~増悪を防ぐ対策とは

COPDの治療とともに気をつけたいのが、風邪などの体調不良をきっかけとした「増...

気道可逆性試験で喘息と鑑別できる病気とは?COPDは気道可逆性試験でもよくならない!?

気道可逆性試験は喘息を見つけるほか、喘息と違う病気の鑑別にも役立っています。気...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る