カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 性病(STD) >
  5. 基礎知識 >
  6. 感染させる前にSTDのことパートナーにきちんと話そう!女性の性病について

女性のカラダの悩み

感染させる前にSTDのことパートナーにきちんと話そう!女性の性病について

 

愛するパートナーとの関係。

絆を深めるためには、大切ですよね!

でも、性感染症はSEXによって感染しますから、もしも自分が感染していると分かった場合、その相手にも検査を受けてもらう必要があります

 

ピンポン感染って、知ってますか?

この「ピンポン」は、卓球のことです。

相手とのラリーを想像してみてください!

一つのピンポン玉を、相手と交互に打ち合いますよね。

 


この球が、感染症だったら・・・!?


性感染症で怖いのは、このピンポン球の様に相手と移し、移されを繰り返してしまうことなんです。

どちらが最初に持っていたかなんて、問題じゃないんです。

犯人探しをするわけじゃありませんし、相手が初めてじゃない限り、どちらも持っている可能性があるわけですから。

 


大切なのは、繰り返さないこと!


自分の彼氏や旦那さんを想像してください。

自分が感染症にかかっていると分かったら、相手も感染している可能性が大きいんです。

中には症状が出ておらず、感染していると分からない事だってあるんです。

逆に、相手が感染症にかかっていたら、自分も移っている可能性があります。

自分が治療を受けたとしても、またその彼氏・旦那さんとのSEXによって再感染してしまうことがあります。

「移し」「移され」の繰り返し・・・

これではいくら治療しても、良くなりませんよね?

自分が感染していることが分かったら、正直に相手に話して検査を勧めましょう。

また、相手が感染していることが分かったら、自分も検査に行ってくださいね。

自分と大切な人の体を守るためには、一緒に検査・治療をすることが必要です。


 

性感染症は、不妊・早産・流産のリスクが高まる!


女性だったら、子供が欲しい人も多いはず。

今は欲しくなくても、将来に備えておく必要もありますよね。

性感染症は無症状の病気もあり、ほっておくと不妊症や早産・流産になる可能性があります。

恥ずかしがって秘密にしている方が、自分や相手のためじゃない。

きちんと話し合える素敵な関係を築いてくださいね。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2009/11/20-030540.php?category=48)

著者: Calmenさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

基礎知識に関する記事

SEXしてないのに性感染症になる!?

  性感染症(STD)というのは、SEXによって感染する婦人科の病気と知られ...

母子感染、あなたは責任を負えますか?~性感染症(STD)と妊娠の怖い関係~

STD、いろんな症状で辛い思いをしますよね。でも、恥ずかしかったり、市販薬で...


体内に一生残るサイトメガロウイルス!

  人間は生まれた時から体の中に菌が住んでいます。 これを常在菌といいま...

気づかないうちに感染している?高校生の10人に1人がSTD(性感染症)!

 STD(性感染症)なんて、風俗嬢の病気。STDにかかるなんて、運が悪い人。...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る