カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. いびき >
  4. 睡眠時無呼吸症候群になってない?寿命を縮める危険ないびきについて

不眠・睡眠障害

睡眠時無呼吸症候群になってない?寿命を縮める危険ないびきについて

いびきには色々な原因があり、一時的に起こるだけのものも存在します。

 

・老化による筋力の低下

・アルコールや睡眠薬など薬の服用

・心身の疲れやストレス

 

こうした原因であれば一時的な場合が多く、心配はないでしょう。

 

寿命を縮める危険ないびきとは

・肥満。

・鼻炎、扁桃腺肥大など鼻・呼吸器の疾患がある。

・小下顎症など骨格の変形。

 

上記の条件に一つでも当てはまるものがある場合は慢性化している可能性が高く、危険ないびきです。

 

慢性的ないびきは睡眠の質の低下を招き、自律神経の乱れから高血圧など、生活習慣病の発症や悪化を招くことがあります。これが悪化し、「睡眠時無呼吸症候群」にまで至ると、最悪の場合、突然死に至るケースもあるそうです。

 

危険ないびきへの対処法

自宅で簡単に出来る対処法としては、横向きに寝る、枕の高さを変える、等があります。

 

いびきをかく人は生活習慣病予備軍である場合が非常に多いため、あまりに続く場合は周囲の人が指摘して、できるだけ早く医師の診断を受けるようにしましょう。いびきの治療は呼吸器科や耳鼻咽喉科などで行っています。

 

(Photo by 足成 //www.ashinari.com/)

著者: nato_natoさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

いびきに関する記事

「子供のいびき」は病気のサイン!?

基本的に子供はいびきをかかないということをご存知ですか?子供はまだ気道が発達途...

仰向け?うつ伏せ?寝る姿勢でいびきを予防!

いびきで悩まされている方も多いのではないでしょうか?睡眠が浅くなることや健康への...


安易に手術は危ない!いびきや「睡眠時無呼吸症候群」治療の落とし穴!?注意すべき点とリスク

いびきによっては手術でいびきの治療をすることがあります。いびきや「睡眠時無呼...

口呼吸だといびきをかきやすい?睡眠時無呼吸症候群のリスク

口呼吸をしていると、口内の上部にある軟口蓋などが緊張して閉じるため、この部分が...

カラダノートひろば

いびきの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る