カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. いびき >
  4. 歯並びが悪いといびきをかきやすい!?歯ぎしりといびきの関係

不眠・睡眠障害

歯並びが悪いといびきをかきやすい!?歯ぎしりといびきの関係

歯軋りといびきは寝ている時に起きる、起きやすいもの、という点で共通していますが、現在のところ明確な因果関係は証明されていません。しかし、歯軋りをする人がいびきをかきやすいのは事実のようです。

 

歯軋りといびきの関係

歯軋りをしていると、口呼吸になりやすくなります。口呼吸をしていると、喉の奥の喉頭蓋等粘膜が緊張し、通り道が狭くなって、いびきを引き起こしやすくなるのです。

 

このため、歯軋りの多い人にはいびきも多いというのは根拠のない話でもありません。顎が小さいなどの骨格の問題からくる歯並びの悪さが歯軋りの原因となることも多く、顎が小さい人にはいびきが多いというのは紛れもない事実です。

 

歯軋りは誰にでもある

ある調査結果によると、実に95%の人が歯軋りを経験していると言われています。ただし、健康な人であれば、1晩に歯軋りをしている時間は15分程度ですので、この程度であれば影響はありません。

 

歯ぎしりを起こす人は強いストレスを抱えている場合も多く、睡眠時無呼吸症候群を含めた不眠症のリスクも高いと言えます。

 

いびきと歯軋りは不眠やストレス等でそれぞれの症状を相互に悪化させやすいため、早期の改善が必要です。

 

(Photo by //www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

いびきに関する記事

いびきをかきやすくなる7つの特徴

多くの方が悩まされている「いびき」 今回は、そんな「いびき」をかきやすくなる7つ...

咽頭の粘膜が炎症を起こす?!暴飲・暴食による「いびき」について

暴飲・暴食を繰り返すと、咽頭の粘膜が炎症を起こすため、いびきをかきやすくなり...


突然死もある!?命に関わるいびきって!?

ごくありふれた症状のようにみえる「いびき」実はこのいびきを甘く見ていると危険だと...

パートナーに指摘されてびっくり。知っておきたい「いびき」の原因と対策方法

あなたは眠っているときにいびきをかいているでしょうか?自分のいびきを自分で自...

カラダノートひろば

いびきの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る