カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 睡眠時無呼吸症候群 >
  4. 原因 >
  5. 市販薬でも注意が必要!薬で「いびき」が悪化する!?

不眠・睡眠障害

市販薬でも注意が必要!薬で「いびき」が悪化する!?

そもそも不眠は何故起こるのでしょうか。

うつ病や悩み事、旅行や生活リズムのズレによる時差ボケなど、様々な理由が考えられます。中でも注意すべきなのは、「いびき」によるものです。 

 

市販の睡眠薬の濫用は厳禁 

 眠れない、寝付けないのではなく、眠りが浅い、夜間頻繁に目が覚めるような場合、睡眠中呼吸が止まる「睡眠時無呼吸症候群」の可能性があります。

 睡眠薬を服用すると、体の力が抜け、通常よりも下顎が後退します。

 

 これによってさらに気道が圧迫されやすくなり、いびきや無呼吸・低呼吸状態がより多く発生することで、不眠の症状が悪化する場合があります。 

 

どういう人に多い症状なのか 

睡眠時無呼吸症候群は、以下の方によく見られる病気です。

 ・肥満。

 ・扁桃腺が大きい。

 ・下顎が小さく、歯並びが悪い。

 ・高血圧、高血糖。

 ・舌が大きい。

 ・いびきについて周囲の指摘を受けることがある。

 ・自分のいびきで目が覚める。

 ・朝起きた時、口の中が乾いている。 

 

どんな対処法がある?

市販の睡眠薬を控え、睡眠外来のある神経内科、呼吸器科、耳鼻咽喉科等の診断を受けましょう。

また、向精神薬など、一部の薬でも同様の影響が考えられます。

薬を利用する際、医師や薬剤師とよく相談するようにしましょう。

 

その他、肥満・高血圧、高血糖の方は、睡眠時無呼吸症候群による睡眠障害によって、さらなる症状の悪化も懸念されます。

 

安易な市販薬の利用は控えるようにしましょう。

 

(Photo by 写真素材 足成 [//www.ashinari.com/2013/02/28-376731.php])

著者: nato_natoさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

閉塞性と中枢性…睡眠時無呼吸症候群には二種類ある!?二種類の睡眠時無呼吸症候群について

睡眠中に呼吸が止まってしまう「睡眠時無呼吸症候群」ですが、原因によって、大き...

いびきがヒドイ…もしかして睡眠時無呼吸症候群?原因となる病気・誘因する病気とは?

いびきの原因で最も有名なものは「睡眠時無呼吸症候群」ですね。 睡眠時無呼吸...


小顔ブームが招く!?「睡眠時無呼吸症候群」の症状と小顔のリスクについて

小顔だと「睡眠時無呼吸症候群」になりやすいと耳にしたことはありますか?顎の小...

呼吸器や肥満が原因?他の不眠と睡眠時無呼吸症候群の違い

 睡眠障害の一種である「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」は、自覚症状が乏しく、...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る